処分解除の尾川 1年2カ月ぶり再起戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

処分解除の尾川 1年2カ月ぶり再起戦「緊張より楽しみ大きい」

1年間のライセンス停止処分が解除された尾川堅一(30=帝拳)は来月2日にフィリピン・ライト級王者アルデアとノンタイトル戦を行う。

 1年2カ月ぶりの再起戦へ「緊張はあるけど、楽しみの方が大きい」と話した。17年12月のIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦で判定勝ちしたが、禁止薬物に陽性反応を示して王座獲得は取り消しとなり、処分も受けた。その後、同じ階級の伊藤雅雪(伴流)がWBO世界王者となった。尾川は「そこが目指す場所。自分が1番でいたい」と意気込んだ。

 

 

村田“成功者”になる!マリナーズ雄星に刺激「タイトル戦やりたい」

 

 

 

ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が4日、東京・神楽坂のジムで練習し、「また(世界)タイトル戦がやりたい」と新年の誓いを立てた。

 昨年10月の2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に敗れて王座陥落。振り返って「ボクシングに対するハングリーさがなくなっていた」と自身の心理を分析。菊池雄星投手が米大リーグ、マリナーズと最大7年総額1億900万ドル(約120億円)の大型契約を結んだニュースにも刺激を受けた。「日本のボクサーとしては成功したかもしれないけど、アスリート全体で比べたら成功の部類には入っていない。どうせなら上を目指さないと」。原点回帰、そして王座奪回へ。村田の逆襲が始まる。

 

世界奪回を目指す2人の元世界チャンピオン。尾川さんはWBO狙いでしょうか?そして村田さんはブラントとの再戦とか言われてますが、WBAのSミドルがカネロ返上したら空位になるんですよね?そしたらそこの決定戦狙いかな?(個人的予想)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス