井岡一翔、W偉業で米進出だ 来春「スーパーフライ4」からラブコール | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井岡一翔、W偉業で米進出だ 来春「スーパーフライ4」からラブコール

1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(31日、マカオ)

 トリプル世界戦の前日計量が30日、試合会場で行われ、出場全6選手がいずれも一回目でパスした。王座決定戦に臨む井岡一翔(SANKYO)は「新たな歴史を作りたい」と意気込み、日本人初の4階級制覇と具志堅用高を超える国内最多世界戦15勝目を誓った。

 唯一無二の存在となる。制限体重を200グラム下回る51・9キロでパスした井岡は「あとは結果を残すだけ。新たな歴史を作りたい」と表情を引き締めた。

 自身2年ぶり7度目の大みそか決戦には、日本人初の4階級制覇と具志堅用高を超えて国内単独最多となる世界戦15勝目が懸かる。「勝てば全てが付いてくるし次にもつながる」と井岡が語るように、米国からの“ラブコール”も届いている。

 来日した360°プロモーションのトム・ロフラー氏は「米国でスーパースターになれる可能性がある」と井岡を高評価。来年3月末に開催予定の「スーパーフライ4」に「勝った方がチャンピオンとして参加してほしい」との意向を示した。

 偉業に向けて「使命感もある」と自負する井岡が、前人未到の領域に足を踏み入れる

 

京口紘人、豪勢特設リングに「早くリングに上がりたい」

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(31日、マカオ)

 2階級制覇を目指すWBA世界ライトフライ級1位の京口紘人(ワタナベ)は100グラム軽い48・8キロで、「早くリングに上がりたい。ワクワクしている」と抑え切れないように話した。

 5つ星高級ホテル「ウィンパレス」の宴会場に設営された特設リングを見て「豪勢で雰囲気がある。選ばれた人間しか立てない。チャンピオンになって帰りたい」。両親も地元大阪から駆け付けており「いい姿を見せたい」と決意を新たにした

 

院生ボクサー坂本真宏 人生初“メンチ”失敗…思わず噴き出しそうに

 

 「ボクシング・IBF世界フライ級タイトルマッチ」(31日、マカオ)

 人生初“メンチ”は失敗に終わった。世界初挑戦する大阪市立大大学院生の坂本真宏(六島)は300グラムアンダーの50・5キロでクリア。

 王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)と顔を突き合わせる“フェイスオフ”では所属ジムの枝川会長から「メンチ切れ(にらみつけろ)」とゲキが飛んだ。「にらまれても目をそらしてトラブルを避けてきた」という坂本にとっては難題で思わず噴き出しそうに。「慣れないことをするもんじゃない」と苦笑いしたが、リングでは目を背けず王座を奪取する

拳四朗、V5は「まだ“ちょっちゅ”」目標は具志堅用高氏の13度防衛

 30日に行われたトリプル世界戦(大田区体育館)で日本人現役世界王者最多の5度目防衛を果たしたWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(26)=BMB=が31日、初防衛に成功したWBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(27)=伴流=とともに、都内で勝利から一夜明けた心境を語った。

 サウル・フアレス(27)=メキシコ=を大差判定で下した拳四朗は「判定に差はあったけど、モヤモヤ感があります。連続KOの意識があって、変に考えすぎた」と反省しきり。それでも「この2戦で減量もすごくうまくなった。これからもライトフライ級でいきたい」と現階級での連続防衛へ意気込みを見せた。

 目標は具志堅用高氏が持つ13度防衛の日本記録。5度目防衛に「まだ“ちょっちゅ”です」とおどけながらも、年3試合を行った今年を超える年4試合をこなす覚悟もある。毎試合ダメージがほとんどない王者は、「大丈夫です。呼ばれればいつでもいけます」と、条件がそろえば短期スパンで防衛を重ねていく意向だ。

 一方で、認知度アップにも必死。「来年はもっとテレビに出られるように勝ち続けたい。バラエティーにも出たい。具志堅さんと共演ができるとうれしい」と熱望した。ともに会見を行った伊藤を横目に「本当に男前だなあ。僕も頑張って磨きます」と、来年へ男っぷりも上げることを誓っていた。

 

今日はマカオでトリプル世界戦ですが、京口選手の試合、相変わらず地元では放送無し。テレビ放送ある地域の方の速報に期待。井岡さんはTBSの大晦日の顔なんで20時頃放送ってありましたんでみれるでしょう。順番は、京口 坂本 井岡の順番なんですかね?

 

Ameba人気のブログ