12.30トリプル世界戦昨日の帰宅は23時でした。 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

さて2018年日本国内最後の世界戦。然しカードは正直弱い。会場もかなりの空席が目立つ。会場30分前位に着くも入場を待つファンの列は5月に行われたマクドネルvs井上の1戦には遠く及ばない。

私は伊藤さんのサポーターズクラブからチケット購入するとサイン入れてくれるというので、クラブから現地受け取りでチケット購入。受け取り場所を探してるが見つからん。しょうがなく近くの係員に聞くと「ちょうとわかりませんね?」っておい・・。しょうがないから関係者入口付近の人に声かけると、「少々おまちください。順番でお渡ししてます。」って事で封筒に入ったチケットを渡していた。私は呼ばれない・・「お名前は?」と聞かれたので名前を言うが無い感じ、しょうがなく銀行振り込みの控えをみせると、むき出しで山積みしてあったチケットから1枚。で「これもって列の一番後ろに並んでください。」おいおいサインなんかどこにも無いじゃん。これならいつもお願いする方から購入した方がお得でしたわ。サインに目がくらみミーハー根性だしたのが失敗だった。

中に入るとスモークで全く見えない、ちょとしてリングに照明が付くと唸る自己陶酔アナがリングガールを一人ずつ紹介。高校時代弓道やってて神奈川県上位に入賞、「今夜はリング上から貴方のハートを射抜きます。〇〇〇~ってのには笑った。

 4回戦が1つ終わるともう拳四朗の世界戦。5RまでのKO予想も攻め続ける拳四朗ですが倒しきれずまさかの判定

この内容だったら生中継じゃなくてよかった、生じゃないからこの内容

いずれにしろKO予想だったのでつまらんしょっぱい試合だった。然しフアレス、お父さん含め来日3人って経費削減。

 売店へドリンク買いに行ってると、ドラムの音が鳴っている。もう次かい?慌ててでもなく席に戻り国歌斉唱

1Rから飛ばしますね。主導権取ろうと攻撃しかける。然しパンチが無い

いつも通り盛り上がりを欠き試合は淡々と川の流れの様に、時に挑発するも自らバックステップでリングをサークリング。私の席周辺は大きな深呼吸はぁあ~。

セコンドにはユーリと戦ったチャッチャイさんいたんですね。あとでききましたが。で採点は拓真選手で暫定チャンピオン誕生WBCは世界チャンピオンとしてカウントするから日本人何人目だ?

お兄ちゃんの心遣いでしょうね。まあ救いは暫定なんでって言ってるとこでしょうか?やり方は亀田とかわりませんが、世間的イメージで井上陣営は大きな非難の声はでてないですね。

 続いて本日のメイン、イケメン伊藤さん

笑顔で嬉しそうに入場してきましたね。

一方こちらの方お目にかかりましたが、全く愛想ありませんでした。トロヤノフスキーとは大違いでした。

試合は予想通りの展開でしたので会場のモニターみながら、本日の目的 韓国の鷹 張 正九を近くで張っていると、こっちへ来た。幸い関係者も周りにいず、友人が声を掛けると快く2ショットOK。ちょうど帰るところだったらしくホントのラストチャンスだったようで。実は大橋戦で来日したとき試合前にホールうろうろしてたんですよね。然し当時の私は他の日本人世界チャンピオンと2ショットしてて逃してしまった。以来30年と6か月やっと念願叶う。(笑)

進行早かったのでちょっと贅沢して新幹線で、しかし 品川行くまでの電車超満員ではないは、前の女性の髪が当たる、リュックも迷惑だが

長い髪も時には迷惑・・そして新幹線に乗るも満席、だが弁当置いたり荷物置いたりしてるので、ここ良いですか?と聞くと「ちぇ」と舌打ちするので「わるうござんしたねえ」と吐き捨てて通り過ぎ静岡まで立って帰ってきたが・・マナーしらねえじじ、ばばだったわ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス