真吾トレーナー安堵も「まだ暫定。万歳していてはいけない」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

真吾トレーナー安堵も「まだ暫定。万歳していてはいけない」

2018年12月31日7時10分  スポーツ報知

  • 井上拓真(左から2人目)は暫定王座を獲得し、リングの上で家族と一緒にポーズを決めた(左から兄・尚弥、1人おいて母・美穂さん、姉・晴香さん、父の真吾トレーナー)
 

 ◆報知新聞社後援◇プロボクシング▽トリプル世界戦 WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○同級5位・井上拓真(12回判定)同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(本名はタサーナ・サラパット)●(30日、東京・大田区総合体育館)

 2人の息子を世界王者に育てた父・真吾トレーナー(47)は「そりゃうれしいですよ。本当にホッとしている。その一言です」と喜びをかみ締めた。ただ、判定に持ち込まれた試合内容に満点はつけられない。試合後はリング上で喜びを爆発させる拓真を制し「まだ暫定。上を目指しているなら万歳していてはいけない」と静かに諭した。

 「タク(拓真)は優しい。小さい頃からナオ(尚弥)が何でも自分で挑戦して、それにタクはついていく感じだった」。アマ経験のある父はフィールドワークから先頭で汗を流し、2人の世界王者の根幹を作った。14年に尚弥が先に世界王者となり「タクも世界王者にしないとダメだ」と愛情を注いだ成果が実を結んだ。

 王座奪取した拓真へのご褒美として「世界で勝った記念になる。一生モノ」と尚弥、大橋会長と3人で数百万円するロレックスの腕時計を贈る予定。「また今後、課題を直さないといけない。統一戦ではもっと喜びも出るかな」とさらなる成長に期待を込めた。

 

伊藤雅雪が凱旋V1 圧倒TKO!日本人37年ぶりUSA戴冠の実力証明

 「ボクシング・WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ」(30日、大田区総合体育館)

 7月に日本人では37年ぶりに米国で王座を奪取したWBOスーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27)=伴流=が、エフゲニー・チュプラコフ(ロシア)を7回2分11秒TKOで下し、凱旋試合で初防衛に成功した。

 37年ぶりに米国で王座を勝ち取ってきた男は、“本物”だった。凱旋試合に臨んだ伊藤は、序盤から超接近戦を仕掛けてきた相手に対し、的確な右ボディーで主導権を握ると、距離ができた5回以降は冷静に相手を追い詰めて、TKO勝ち。メインの大役を果たし「KOという形で締めくくれた。納得というか安心してます」と、端正なマスクを緩めた。

 その“拳”の価値を証明するための戦いだった。7月に米国で行われた王座決定戦で、無敗のホープだったディアスを破り、王座を奪取。試合前「KOで勝つ」と宣言すると、現地メディアに笑われた。評価は「番狂わせ」。この日のために入場曲に選んだのは「スーパーマン」のテーマで「ヒーローになるしかない」。3大王座戦。判定決着が続いた中、メインでの鮮やかな勝利はひときわ輝いた。

 「将来は家を動物園みたいにしたい」と話す27歳。この日は動物愛護のためのチャリティーグッズも販売。Tシャツ80枚はわずか15分で売り切れた。試合後「僕には一撃必殺のパンチはないし、井上尚弥くんのようなスペシャルな選手でもない。でもハートがある。僕にしかなれないチャンピオンになりたい。日本、海外、場所は問わない。かなわない相手でもやりたい」と宣言した王者。金髪イケメンで、心優しき2児のパパ。“ヒーロー”になる資質は十分に兼ね備えている。

拳四朗、圧倒判定も反省V5 あたた…百裂拳途中で無情のゴング「喜べない」

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(30日、大田区総合体育館)

 王者の拳四朗(26)=BMB=が、サウル・フアレス(メキシコ)を3-0の判定で退け、5度目の防衛を果たした。自身より12・5センチも身長の低い相手を仕留め切れず、4戦連続KOは逃したが、1人がフルマークをつける圧勝。来年は国内現役王者トップの防衛回数のさらなる更新、統一戦などビッグマッチを視野に入れた。

 最終ラウンド、拳四朗はボディーへの“百裂拳”をさく裂させたが無情のゴングが鳴った。判定はほぼフルマーク。ただ、完全な格下を仕留め損なった。「相手に合わせすぎた。素直に喜べない」と、悔しがった。

 序盤から左右のボディーで追い込んだ。フックも顔面に当て鼻から流血させた。それでも防御に徹する敵に「焦り過ぎた」と、イライラを募らせていた。

 今年を締めたV5は価値が高い。反省ばかりを並べた会見では、険しい顔は徐々に柔和になった。「5度目で求められるものある。いい経験をしました。節目でやりにくい試合で良かったかな、と今思ってきた。結果オーライ」と納得した。

 軽量でベビーフェース。重量級で元東洋太平洋王者の父・寺地永会長とは“真逆”。その父は「(息子が)『単に仕事』と言っていたボクシングが好きになったのは最近。やはり血なんでしょうか」と、やっと父子鷹らしくなってきた。

 

真吾さん流石です。まだ暫定万歳してる場合ではない。多くの真のファンの気持ちを代弁してますね。

伊藤さんの挑戦者は予想通り、私の予想で外したのは拳四朗選手の判定これはKOだと思ってましたが・・

Ameba人気のブログ