トリプル世界戦 予備検診 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

井上拓真、兄・尚弥より“たくま”しいボディー「2年前よりはるかに自信」

2018年12月28日6時10分  スポーツ報知

  • 予備検診を受ける井上拓真(左)(右はサラパット、カメラ・清水 武)

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング・トリプル世界戦 ▽WBC世界バンタム級(53・5キロ)暫定王座決定戦12回戦 同級2位タサーナ・サラパット―同級5位・井上拓真(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界バンタム級5位・井上拓真が、兄超えの“たくま”しい体で王座獲得を狙う。同級2位タサーナ・サラパットとの暫定王座決定戦などが行われるトリプル世界戦(報知新聞社後援)の予備検診が27日、都内で行われた。拓真は首回りなどでWBA世界バンタム級王者の兄・尚弥(25)=大橋=を上回った。世界初挑戦の機会をけがで辞退した2年前より、成長した姿を見せる。WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗ら出場6選手に異常はなかった。

 拓真の体はモンスターを超えた。初の予備検診では、首回り35・5センチ、胸囲91・5センチ。10月に測った兄・尚弥をそれぞれ1・5センチ、0・5センチ上回った。「相手と対面して、より一層試合への気持ちが高まった」。減量は残り1キロを切り、待望の世界戦へ高揚感を漂わせた。

 2年前、世界初挑戦を発表後に右拳の負傷で辞退。当時は体ができていなかったが、「バンタム級の体になってきた。2年前よりはるかに自信になっている」と、今は胸を張れる。兄と競い合いながら汗を流す練習の成果。「服がパツパツになった」と、TシャツはMからLにサイズアップした。

 リーチが11・4センチ長い相手と初対面し、「リーチが長い選手ともやってきたので問題ない」と強調した。父・真吾トレーナー(47)も、「拓真はスピードと出入り(の速さ)がある。問題ない」。パワー、スピード、耐久力など全てにおいて、たくましく成長した。

 尚弥は26日に、その年の最も活躍した選手に贈られる報知プロスポーツ大賞を受賞した。副賞は、昭和シェル石油のハイオクガソリン「Shell V―Power」1年分1000リットル。家族会議の結果、真吾氏は「勝ったら拓真にあげる」とした。勝てば、兄、父、大橋秀行会長(53)の3人から数百万円の高級腕時計も贈られる。毎日、神奈川・座間市の自宅からジムまで片道25キロを運転する拓真は、「楽しみが増えた」と、ニンジン作戦を喜んだ。日本初の「同期間に兄弟世界王者で防衛」を重ねれば、来年の報知プロスポーツ大賞も見えてくる。兄に続く栄冠へ、勝負の時を迎える。(浜田 洋平)

 
兄を超えたのは体格だけですか?兄の試合内容とは比較できないですからね。今回の試合は世界チャンピオンになってもらうために周囲がお膳立てしてくれた試合ですので必ず勝たないと。で次の統一戦で勝ってこそ本当の兄弟バンタム級制覇ですね。
 

拳四朗、挑戦者がちっちゃかった…身長12・5センチ差にビックリ

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(30日、大田区総合体育館)

 トリプル世界戦の予備検診が27日、都内で行われ、出場6選手はすべて異常なしと診断された。

 日本人現役最多4度防衛中の拳四朗(26)=BMB=は挑戦者サウル・フアレス(28)=メキシコ=より身長が12・5センチも上回った。挑戦者は公言していた153センチより1・5センチ低く、拳四朗は「ここまでちっちゃいとは思わなかった」とビックリ。「頭が低いと思うので、上ばかり打たずに、下にも散らしていかないと」と警戒しながらも、「絶対にKOで勝ちます」を宣言した

 

渡嘉敷さんと4回やったルペ・マデラもグディー・エスパダスも150センチ位でしたね。ただ拳四朗さんは164センチですのでこのクラスでは高いほうでしょうか?相手のスタイルわかりませんが、頭から来られた時のバッティングに気を付けて欲しいですね。

伊藤雅雪、重圧「大好き」自身初のメインイベント

2018年12月28日6時10分  スポーツ報知

  • 予備検診を終え笑顔で会見する伊藤雅雪
 

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング・トリプル世界戦 ▽WBO世界スーパーフェザー級(58・9キロ)タイトルマッチ12回戦 王者・伊藤雅雪―同級1位エフゲニー・シュプラコフ(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界バンタム級5位・井上拓真が、兄超えの“たくま”しい体で王座獲得を狙う。同級2位タサーナ・サラパットとの暫定王座決定戦などが行われるトリプル世界戦(報知新聞社後援)の予備検診が27日、都内で行われた。拓真は首回りなどでWBA世界バンタム級王者の兄・尚弥(25)=大橋=を上回った。世界初挑戦の機会をけがで辞退した2年前より、成長した姿を見せる。WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗ら出場6選手に異常はなかった。

 伊藤雅雪は自身初のメインイベントで重圧がかかるが、「僕、こういうの大好き。いよいよって感じ。倒してしっかりいい年を越したいって気持ちが強くなった」と強気。指名挑戦者のチュプラコフとの初対面でも、「僕の方がオーラがある」と言い切った。身長7.5センチ、リーチは13センチ上回ったが、「数字は関係ない」。リミットまで残り2.5キロ。「調子はすごくいい」と、小麦色の肌で好調をアピールした。

 
意外と相手がでかいようですが、アメリカでの試合内容なら勝てるじゃないでしょうか?フジテレビはイケメンチャンプとして売り出したいですからね、ここでこけられると、痛い・・
 

 

京口、減量苦なし「階級を上げたことはプラスしかない」/BOX

WBAライトフライ級世界戦に向け練習する京口紘人=マカオ(共同)【拡大】

 【マカオ27日】元IBF世界ミニマム級王者で、WBA世界Lフライ級王座に挑む京口紘人(25)=ワタナベ=が好調だ。現地入り後も「一日2食を食べながら調整している。階級を上げたことはプラスしかない」と転級によって10キロ以上の減量苦から解放された。カジノで知られるマカオだが、「現金は3000円しか持ってきていない」と興味なし。「誰が見ても明確な勝ち方で」と完勝での2階級制覇達成を誓った。

 

坂本、初世界戦“怒りの鉄拳”で王座を狙う/BOX

IBFフライ級世界戦に向け練習する坂本真宏=マカオ(共同)【拡大】

 【マカオ27日】大阪市大大学院に在籍する世界初挑戦のIBF世界フライ級14位、坂本真宏(27)=六島=は“怒りの鉄拳”で王座を狙う。宿泊先はきらびやかな高級ホテルではなく、「なんでも一歩ずつや」という枝川会長の方針でバスタブもない“下町ホテル”。異色ボクサーは「昨日ランドリーを頼もうと思ったらタライのようなバケツを渡された」と苦笑。ハングリー精神を拳に乗せて、戴冠を目指す。

 

 

井岡一翔「歴史つくる」 公開練習で快挙へ自信

1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(31日、マカオ)

 31日のトリプル世界戦に出場する日本選手が27日、試合の行われるマカオで練習を公開し、WBOスーパーフライ級王座決定戦で日本選手初の4階級制覇に挑む同級3位の井岡一翔(29)は「あとは体重調整だけ。新たな歴史をつくりに来た」と自信に満ちた表情だった。

 キューバ人のサラス・トレーナーとともにシャドーボクシングでコンビネーションなどを確認。同級1位で同じく3階級制覇の実績があるドニー・ニエテス(36)との対決に「駆け引きが重要となる。アジア同士の対戦で4階級制覇をしっかり決めて来年につなげたい」と先を見据えた。

 

マカオ開催ですが、TBSが仕切ってる感じで敵地ってイメージは個人的には感じませんが、京口選手の試合はまたもわたくしの地元放送無し。まあ井岡さんの試合みれるように帰って来ましょう。然し井岡さん勝っても今後日本では試合できないんですかね?