京口紘人 パワーアップ!ボディーで勝つ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

京口紘人 パワーアップ!ボディーで勝つ 減量苦解放で2階級制覇へ順調

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(31日、マカオ)

 2階級制覇に挑む京口紘人(ワタナベ)が17日、都内の所属ジムで練習を公開した。減量苦から解放されたことで調整は順調。「ボディーがキーになる。相手はたたかれると足が止まって打ち合わざるを得なくなる」と戦いをイメージし、3ラウンドのスパーリングではプレッシャーをかけながらの左ボディーなどでパートナーを圧倒した。

 1階級上げたことに「不安はまったくない。すべてプラスに働く。単純にパワーがついた」と手応え十分。「コンディションさえしっかりすれば結果はついてくる」とベルト奪取に自信を示した

 

京口別に減量苦で階級上げたわけではないでしょうに。放送してくれるテレビ局がミニマムは放送しないっていうから返上して階級あげたんでしょうに。