拳四朗と京口が公開スパー  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

拳四朗と京口が公開スパー 超異例!世界戦直前同士 来年夢対決も!?

1枚拡大

 30日に5度目の防衛戦を行うWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(26)=BMB=と、31日に2階級制覇をかけてWBA世界ライトフライ級王座に挑戦する前IBF世界ミニマム級王者の京口紘人(25)=ワタナベ=が13日、後楽園ホールで3分2回の公開スパーリングを行った。緊張感あふれる攻防を繰り広げた2人は次戦の勝利を誓い、王座統一戦の実現を約束し合った。

 拳四朗と京口は世界王座を獲得する前の昨年4月にも公開スパーリングを行っているが、今回は世界戦を控える身。豪華で異例の公開スパーリングは本番さながらの見応えあふれるものとなった。

 拳四朗が足を使って手数、京口は懐に飛び込んで強打を繰り出す展開。1回に京口の左ボディーで拳四朗がバランスを崩す場面もあり、緊張感あふれるハイレベルな攻防に観衆はやんやの歓声を送った。

 2人は笑顔を浮かべて握手し、京口は「去年より引き出しとかジャブの精度も上がっていて、5度目の防衛戦はしっかりクリアすると思う」と拳四朗にエール。拳四朗も「こういう緊張感のある中でのスパーリングはなかなかないので、刺激にもなる。調子は上がっていて、距離感を合わせれば間違いなくKOできる」と呼応した。

 2人はアマチュア時代に4度対戦して拳四朗の3勝1敗と、ライバルと言える関係。プロでは拳四朗がライトフライ級、京口がミニマム級だったため対戦はなかったが、京口が拳四朗と同じ階級に上げたことで、対戦が現実味を帯びてきた。

 京口は「自分は2階級制覇して、来年ビッグマッチでやりたい。ライトフライ級の世界王者で拳四朗選手が一番と思っているので、お互いがチャンピオン同士の最高の舞台でやれたら」と拳四朗との王座統一戦を熱望すれば、拳四朗も「もちろん、年末は2人で勝って、来年できればやります」と歓迎。来年には夢の対決実現の可能性が大いに高まった。

 

以前WBCが京口に挑戦者決定戦指令を出してたような気がしましたが

京口はWBA行っちゃいましたね。京口が勝って拳四朗が防衛続けたなら対戦の機運は盛り上がるでしょうが問題はテレビ局、フジとTBSもし2人共来年チャンピオンでいたなら年末で時期は合いますが・・果たして。それとも何方かが敗れて挑戦する形になるか?出来たら統一戦で観たいですが。

Ameba人気のブログ