村田諒太が現役続行 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

村田諒太が現役続行「もう一度世界の舞台に」Sミドル級での2階級制覇挑戦も視野

1枚拡大

 進退が注目されていたボクシングの12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで、前WBA世界同級王者の村田諒太(32)=帝拳=が4日、都内の所属ジムで会見し、「もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい」と、現役続行を表明した。村田は10月に米ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に大差の判定負けを喫していた。次戦は未定だが、世界戦にはこだわらない考えで、1階級上げてスーパーミドル級で戦うことも視野に入れているという。

 世界王者になった男が再びリングに立つ。世間の関心の高さを示すように、会見には100人以上の報道陣が集結。そこに村田は練習着姿で現れ、久々の公の場に照れ笑いを浮かべながら、「この前の試合を振り返って、いいところがなかった。あの試合が自分の集大成でいいのかと考えた。もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい」と、現役続行の意思を示した。

 10月にブラントに判定で敗れ、2度目の防衛に失敗。試合後は進退を保留していたが、「自分自身のボクシングに情けないと思ったし、あのパフォーマンスしか出せないのはダメだなと思ったし、打たれたダメージもあった」ことから「98%ぐらい」引退を考えていたと明かした。現役続行を決意したのは約2週間前だったという。

 ブラントのスピードと手数に、得意の圧力をかける攻めを止められ、「ただ前に出て、追いかけて、ちょろちょろとパンチを打つだけ」と反省。「決め手になるような一撃を打てないと」と、課題を掲げて再起する。

 所属ジムの浜田剛史会長によると、次戦は未定という。村田は「チャレンジというのは、世界の流れを見て決めないといけない」と話す。ブラントとの雪辱戦や世界戦にこだわっておらず、「体もデカくなってきているし、上げてもいいと思っている」と、スーパーミドル級に転向する考えも示した。挫折を乗り越えて、世界の頂点を目指す一歩を踏み出す。

 

現役続行ですか。日本で試合しないで海外で試合して欲しいですね。

元世界チャンピオンを食ってやろうという相手と戦って欲しいし、世界上位ランカーと対戦して欲しいですね。世界1度は獲ったんで、今までのような安全な相手ではなく勝ち残って世界に再び挑戦してもらいたいです。3月ブラントと日本で再戦などと当初言ってましたが、今のままでは勝てないでしょうし。どこかの団体が空位になっての王座決定戦も(相手にもよりますが)やめて欲しいですね。まあ個人的には応援してるので頑張って欲しいのですが・・・

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス