WBCが亀田史郎氏に日本初の名誉トレーナーベルト授与 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

WBCが亀田史郎氏に日本初の名誉トレーナーベルト授与 和毅は正規王者に雪辱宣言

 メキシコシティーで現地時間29日に開かれたWBC(世界ボクシング評議会)の公式記者会見で、12日にWBC世界スーパーバンタム級暫定王座を奪取して世界2階級制覇を達成した亀田3兄弟の三男・和毅(27)=協栄=に同王座のベルト、3兄弟を複数階級制覇王者に育てた父の史郎氏(53)に史上3人目で日本人では初の名誉トレーナーベルトが授与されたと、2人の所属事務所が発表した。

 WBC会長のマウリシオ・スライマン会長のコメント「亀田和毅は15歳で単身メキシコにやってきて、メキシコでアマチュアボクシングキャリアを過ごし、メキシコで多くのことを学び、メキシコでプロデビューしました。和毅はWBCのシルバータイトルや北米タイトル(NABF)等のWBCの多くの下部タイトルを獲得してきましたが、この度、ついにWBC世界タイトルを手にしました。このWBC世界王座は和毅にとっても夢であったタイトルであり、このことは我がWBCにとっても誇りです。和毅、おめでとう。また、和毅を始め、興毅、大毅と3兄弟を複数階級制覇の王者に育てた父親の史郎氏の功績もとてもすばらしいことです。史郎氏にもWBC名誉トレーナーのベルトを贈ります。おめでとうございます」

 和毅のコメント「メキシコでボクシングキャリアを築いてきた自分にとって、WBCのチャンピオンベルトを獲得することは夢でした。今回の試合でその夢がかない、WBCの世界チャンピオンになれたことは最高の気分です。ここからがスタートなので、WBCのチャンピオンベルトの価値を高めるためにも、これから、もっと強くなれるように練習します。アマチュア時代にメキシコで負けている(同級正規王者)レイ・バルガス選手との王座統一戦が決まれば、必ずリベンジしたいです」

 史郎氏のコメント「WBCの世界タイトルを獲ることは和毅の夢だったから、父親としても最高にうれしいです。和毅にはまだまだ強くなれる可能性があるので、もっと強くなって最強のチャンピオンを目指して欲しい。自分もWBCから表彰されまして大変感謝しております」

 

ベルトの好きな会長ですな~

年末に拓真選手が暫定取ったら真吾さんにも名誉トレーナーベルトくれるんですかね?