河野公平 現役引退を発表 プロデビューした同じ日に会見 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません

河野公平 現役引退を発表 プロデビューした同じ日に会見「運命を感じた」

ジムで引退会見を開いた元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(撮影・中出 健太郎) 
Photo By スポニチ
 

 ボクシングの元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(37=ワタナベ)が22日、東京・五反田のワタナベジムで会見し、現役引退を発表した。

 20歳の誕生日前日だった2000年11月22日にプロデビュー。18年後の同じ日の会見に「運命を感じた」といい、「燃え尽きたと思えるまでボクシングができて幸せでした」と振り返った。

 今年5月、ジェイソン・モロニー(オーストラリア)戦で左目上をカットし、6回終了TKO負け。「負けた瞬間に終わりだと思った。ただ、少しすると、またボクシングをやりたくなるので…今回は燃え尽きたというか、時間が過ぎても燃え上がってこなかった」と引退を決意した理由を説明した。

 プロデビュー戦で黒星を喫した河野だが、07年2月に日本スーパーフライ級王座、同年10月にはOPBF東洋太平洋同級王座を獲得し、12年12月に3度目の挑戦で念願の世界王者となった。13年5月に陥落も14年3月に返り咲きを果たし、その後は2度の防衛に成功した。16年8月に王座陥落、同年12月にはWBO世界スーパーフライ級王者だった井上尚弥(大橋)に挑戦し、6回TKO負けしている。

 ワタナベジムの渡辺均会長は「努力で世界チャンピオンになった選手。私としても思い入れのある選手だった」と話した。来年1月12日、東京・後楽園ホールで引退式を予定している

 

18年ですか、長かったですね。お父さんも有名になってしまいました。

横浜で名城選手に負けた試合でそのあと3階席の応援団のところまで

来てお礼を言ってまわってたのには驚きましたが。12年の年末テーパリットを圧倒的不利を覆して見事な逆転KOですね。はじまった当初はとても勝てると思いませんでしたから。そしてデンカオセーンをKOして返り咲き。コンセプションに王座を奪われましたが、井上に挑戦見事にKOされましたが、その後も香港で戦って地元判定泣いてしまいました。お疲れ様でした。<(_ _)>