井上拓真 待望の世界戦へ合宿スタート ハードメニューに足つった | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

  

井上拓真 待望の世界戦へ兄の尚弥、いとこの浩樹と合宿スタート ハードメニューに足つった

合宿初日を終えた井上尚弥(左)と弟・拓真(中)といとこの浩樹(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ
 

 ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦(12月30日、大田区総合体育館)で同級2位ペッチ・CP・フレッシュマート(24=タイ)と対戦する同級4位の井上拓真(22=大橋)が13日、兄で3階級制覇のWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(25)、いとこの浩樹(26)とともに静岡県熱海市での合宿をスタートさせた。

 ウォーミングアップとして海岸沿いの遊歩道を800メートル×10本、少しずつペースを上げながら消化し、さらに砂浜ダッシュ、今回初めて行う17キロの土のうを持ってのダッシュなどハードなメニューが続き、待望の世界戦が決まって気合い満点だった拓真が右ふくらはぎにけいれんを起こし、初日は終了。「足がつったのは何年かぶり。プロになってからは初めて。びっくりしたけど、大丈夫ですよ」と苦笑いした。

 この合宿がワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝に向けての本格始動となった尚弥は自身の試合が来春予定で少し先とあって弟の全面サポートを約束。気温15度と肌寒さを感じる気温にも上半身裸で練習に臨み、本気でに競り合い、負けたら罰ゲームを科すなど拓真の尻を叩いた。「その方が楽しくできる。ただキツいだけじゃなく、笑いあり、涙ありでね」と笑った。

 合宿は16日まで3泊4日の予定で行われる。

 

年末の世界戦組が合宿始めましたね。田口選手は拓真選手の対戦相手とタイでスパーしてるようですし、伊藤選手はロスでが合宿。拓真選手は国内って思いますが短期の走り込みですので熱海、寒いので風邪ひかないようにって感じです。<(_ _)>

 

 

 

 

Ameba人気のブログ