顎ひげ長すぎ!和毅サイドが“危険性”指摘 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて38年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

顎ひげ長すぎ!和毅サイドが“危険性”指摘「我々としては認められない」

計量パスしたメディナ(左)と亀田和毅(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ
 

 プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦(12日、後楽園ホール)の前日計量が11日、都内で行われ、同級1位アビゲイル・メディナ(30=スペイン)は55.1キロ、同級2位の亀田和毅(27=協栄)は55.2キロでともに一発パスした。

 計量後にはルールミーティングが行われ、協栄ジムの金平桂一郎会長はメディナの長い顎ひげについて「私どもとしては危険性を指摘させてもらった」と明かした。和毅サイドとしては、ワセリンや薬品がひげに付着し、それが目に入る可能性を危惧。同会長は「アマチュアは厳格なルールがあるのはそのため」と強調。同会長によると、メディナ側は過去の試合の写真などを提示し、問題がないことを主張したというが、「双方が合意していれば問題ないが、我々としては認められない」と強硬な姿勢。結論として「あすの(午後)6時に会場入りまでに切りそろえることなった」とし、「最終的にはスーパーバイザーとレフェリーの判断に従う」と話した.

 

正直勝つ自信があるなら髭なんぞどうでもいいでしょ。と思いますが。

ギネス申請も済ましてあるという事で準備も万端ですな。金元さんの記事によりますと、レイ・バルガスとダニエル・ローマンが来年早々にも統一戦を行う可能性があるという事なので、バルガズが勝っても負けてもこの暫定戦がいずれは正規にかわりそうな気がしますが。

 

 

Ameba人気のブログ