和毅と対戦のA・メディナ、余裕の調整も | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

和毅と対戦のA・メディナ、余裕の調整も…金平会長「和毅の圧勝ですね」

A・メディナはハンマーを手にポーズを決める(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ
 

 プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定12回戦(12日、後楽園ホール)で亀田3兄弟の三男・和毅(27=協栄)と対戦する同級1位のアビゲイル・メディナ(30=スペイン)が8日、協栄ジムで練習を公開した。

 長男・興毅氏や次男・大毅氏らが視察する中、ストレッチ、シャドーボクシング、ミット打ちと約30分間、体を動かした。

 来日して3日目。「2日間は眠れない時もあったが、今はゆっくりできている。コンディションは100%バッチリ」と順調な仕上がりをアピール。「和毅もポテンシャルを秘めているとは思うが、私の方が上だ」と言い切り、自身の拳がハンマーに例えられることにちなみ、ハンマーを持って写真撮影に応じる余裕も見せた。

 対する協栄ジムの金平桂一郎会長は「典型的な中南米系の選手」とメディナの印象を語り「和毅の圧勝ですね。中盤から後半にチャンスが来て、仮に倒し切れなかったとしても明確な形で終わる」と豪語した。

 興毅氏は筋肉の動きやバンテージの巻き方に着目し、「パンチはあるんやないかな。自信を持っている感じやね」と警戒しつつ、「あのあご髭の中に何か隠してんかな」とメディナのあご髭にも注目。「あごの形を見たかった。形でいろんなことが分かるから」と言い、「ちょっと多すぎやろ。トレードマークと言ってもルールもあるんやから」と“クレーム”をつけ、ルールミーティングで抗議する可能性も示唆した。

 メディナはこの日で練習を打ち上げ。10に調印式、11日に前日計量が行なわれる。

 

ハンマー振り上げてのパフォーマンス、パフォーマンス好きの一家には適した相手だ。「典型的な中南米系の選手」ってスペインですよね?

この試合も暫定だけど昨日発表された拓真の暫定戦よりはまだましかなと思ってしまいます。正規王座決定戦が12月中?まで?に行われなかったら、暫定王座決定戦が正規王座決定戦に格上げって?こんなのありか?しかも1位と3位で正規王座決定戦で、2位と4位で暫定王座ってもし正規王座決定戦が年内に行われたら、WBAみたいに正規と暫定が同じ月に誕生するって、WBA非難できないじゃんね?JBCはWBAの暫定はダメだけど、WBCの暫定はいいのか?相変わらずよくわからん。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス