12・30トリプル世界戦決定! | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

12・30トリプル世界戦決定!井上拓真“兄弟王者”なるか 伊藤雅雪&拳四朗は防衛戦

11/7(水) 13:00配信

スポニチアネックス

 ボクシングの帝拳ジムは7日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、12月30日に大田区総合体育館でトリプル世界戦を開催すると発表した。WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27=伴流)が同級1位イフゲニー・シュプラコフ(28=ロシア)と初防衛戦を行うほか、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26=BMB)が同級8位サウル・フアレス(27=メキシコ)相手の5度目の防衛戦、“”WBC世界バンタム級暫定王座決定戦で同級4位・井上拓真(22=大橋)が同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(24=タイ)と対戦する。

 伊藤は7月28日に米フロリダ州で行われた王座決定戦でクリストファー・ディアス(プエルトリコ)に大差の判定勝ちを収め、WBO世界スーパーフェザー級王者となったニュースター。米国での世界王座獲得は日本人37年ぶりの快挙で、今回は指名挑戦者を迎えて凱旋防衛戦となる。また、現役日本人世界王者最多の4度の防衛に成功している拳四朗は5月にガニガン・ロペス(メキシコ)、10月にミラン・メリンド(フィリピン)をいずれもKOで破っており、今年3度目の防衛戦でもKO防衛を目指す。

 3階級制覇のWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の弟で、プロ12戦全勝(3KO)の拓真は世界初挑戦。16年12月に当時のWBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(フィリピン)への挑戦が決まったものの右拳の負傷で中止となっており、丸2年を懸けて世界戦実現へこぎつけた。WBC世界バンタム級王座は同級1位ノルディ・ウーバーリ(フランス)と同級3位ラウシー・ウォーレン(米国)による王座決定戦の開催が決まらず、WBCは年内に試合が実現しない場合は井上―ペッチを暫定王座決定戦から王座決定戦に“格上げ”する見込みだ。兄弟世界王者となれば亀田3兄弟に次いで国内では2例目となる

 

年内に実現しないと正規王座決定戦が行われる前に暫定が王座決定戦に格上げって・・・JBCはWBAの暫定にはうるさかったのに、今回の和毅といい拓真といいWBCはいいのか?スッキリしないなぁ。で、もし拓真が世界取ってネリとの指名試合になったら拓真が海外へいくのか?特例でネリの試合認めるのか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス