井岡、大みそかにマカオで世界戦! | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井岡、大みそかにマカオで世界戦!勝てば日本選手史上初4階級制覇へ/BOX

11/1(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 プロボクシングの元世界3階級王者、井岡一翔(29)=SANKYO=が12月31日にマカオでWBO世界Sフライ級王座決定戦を行う見通しとなったことが31日、分かった。昨年大みそかに引退を発表した井岡は、今年9月に米国で現役復帰。勝てば日本選手では史上初の4階級制覇となる。

 完全復活を目指す井岡の“青写真”が判明した。ターゲットは現在王座が空位のWBO世界Sフライ級のベルト。複数の関係者によると、同級1位のドニー・ニエテス(36)=フィリピン=と大みそかにマカオで王座決定戦を行うことで、ほぼ合意に達した。

 井岡は昨年11月にWBA世界フライ級王座を返上し、大みそかに現役引退を発表。だが今年7月に現役復帰を表明し、階級をSフライ級に上げて9月に米国で約1年4カ月ぶりとなる10回戦の復帰戦を行い、WBC、WBO同級3位のマクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に3-0の判定で完勝した。

 ニエテスは井岡と同じく元3階級王者で、戦績は47戦41勝(23KO)5分け1敗のベテラン。井岡の復帰戦となった9月の軽量級のイベント「スーパーフライ3」では今回と同じWBO同級王座決定戦を行い、引き分けで王座奪取を逃していた。

 ニエテスが引き分けに終わり、王座が空位のままだったことで実現する12・31のマカオ決戦。WBO同級3位にランクされる井岡は24戦23勝(13KO)1敗。ともに4階級制覇の偉業を懸けた大一番となる

 

この相手での決定戦なら大きな批判はできないでしょう。井岡頑張れ?ことしのフジはどうなるんでしょう?伊藤さんもまだ発表されませんし、井上は絶対出ないし。残るは拳四朗?と伊藤さんのWですかね?拓真絡んでくるかなぁ?

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス