亀田和毅、スパーで強烈左ボディー!パートナーダウン | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

亀田和毅、スパーで強烈左ボディー!パートナーダウンさせた「間違いなく勝てる」

亀田和(奥)は左ボディーでフィリピン人パートナーをダウンさせる(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ
 

 ボクシングの元WBO世界バンタム級王者で、亀田3兄弟の三男・和毅(27=協栄)が25日、東京・新宿の協栄ジムで練習を公開した。WBC世界スーパーバンタム級2位の和毅は11月12日に同級1位アビゲイル・メディナ(30=スペイン)との同級暫定王座決定戦を行う。

 この日はミット打ちやスパーリングを披露。フィリピン人ランカーとのスパーは4ラウンドを予定していたが、3ラウンド目に強烈な左ボディーでダウンさせ、このラウンド限りで打ち切りに。持ち前のスピードとテクニック加え、パワーをアピールした和毅は「いいイメージで出来ている。コンディションもいいので、体重さえ落とせば間違いなく勝てる」と豪語した。

 2015年9月にWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に敗れて以来、約3年ぶりとなる待望の世界戦。協栄ジムの桂一郎会長は「その期間に和毅が苦労して研さんしてきた結果が出ている」と目を細め、トレーナー兼イベントプロデューサーの長男・興毅氏は「パワーをつけるトレーニングをしてきた。まだまだ実を結ぶのはこれからやと思うけど」と言いつつ、「“亀田流”に科学トレが加わって亀田家の大復活じゃなく、大進化や」とぶち上げた。

 減量も順調。和毅は「普段からキープしているし、もう(残り)4キロ。あとは少しずつ落としていく」といい、「キャリアもあるし、調整は大丈夫」と自信たっぷりに言い切った.

 

パートナーをダウンさせた、だから何?ってのが初めの感想ですが

ここ2試合はパワーがついた、倒す倒すと聞きましたが、結局は連続判定でしたよね。パンチがある選手とは思えません。マックに連敗してるあたりである程度底がみえてるように思えます。WB Cが設定した暫定王座決定戦、前会長には特別可愛がられていたようで・・・。暫定の翌月に王者が防衛戦やるし、指名挑戦者決定戦でいいんじゃない?ベルトが掛かっちゃうあたり、なんだかな~って感じです。でも長男にくらべたらちゃんとした選手と対戦してるのは認めますが。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス