村田諒太、ブラントともに計量クリア! | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

村田諒太、ブラントともに計量クリア! 抑えていたKOへの感情が爆発の村田「ぶん殴ってやりたい」

2018年10月20日8時7分  スポーツ報知

  • 2度目の防衛戦に向け、計量をクリアした村田諒太(左)とロブ・ブラント

 ◆プロボクシング 世界戦▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・村田諒太―同級3位ロブ・ブラント(20日、米ネバダ州ラスベガス・パークシアター)

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=が19日、同級3位ロブ・ブラント(28)=米国=と2度目の防衛戦を行う米ラスベガスの試合会場で前日計量に臨んだ。村田はリミットを0・3キロ下回る72・2キロ、ブラントは0・7キロ下回る71・8キロで一発パス。将来のビッグマッチ実現のため、本場のリングでアピールが必要な村田は「やっぱり倒したいなと思いました。欲が出ているのは事実」と率直に語った。

 海外での計量を無事に終え「計量も仕事の一つ。体重を作れてよかった」と振り返った。壇上では、司会者にKOを期待され「絶対に倒すので、楽しみにしていてください」と宣言。顔を向かい合わせた写真撮影で、敵意丸出しでにらみつけてきた挑戦者に対し「ぶん殴ってやりたい」と闘志をみなぎらせた。これまでKOを狙いすぎることを嫌っていたが、意気込みがこみ上げてきたようだった

 

 

 

さていよいよ明日。珍しく感情が高ぶってるようですが、噂されるゴロフキン戦に向けてもポカはして欲しくないですが。とにかくなんでもいいから勝って~ください。<(_ _)>ロブ・試合は面白くないって言うけれど

それでもあの戦績、エンダムのちょっと戦力落ちた版などの声もききましたが、アメリカであの戦績、果たして本物か??すべては明日・

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス