亀田和毅の11・12世界戦 AbemaTVで生中継 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

ボクシング】亀田和毅の11・12世界戦 AbemaTVで生中継

10/17(水) 16:00配信

東スポWeb

 ボクシングの元世界3階級制覇王者・亀田興毅(31)が17日、都内で会見を行い、11月12日に後楽園ホールで行われる亀田和毅(27=協栄)のWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦が、インターネットテレビ局「AbemaTV」で生放送されることを発表した。

 同級2位の和毅は史上初の三兄弟での2階級制覇を目指し、同級1位のアビゲイル・メディナ(30=スペイン)と対戦する。同局でボクシングの世界戦が放送されるのは初の試みで、興毅は「今、テレビの時代も変わって、AbemaTVもすごい勢いで活躍している。ボクシング界の新しい風というか、新時代の一歩なのかなと。4回戦から世界戦まで、いろいろな試合があるので、面白さを見ている人に伝えられたらなと思います」と語った。

 自身の世界戦は過去、地上波放送で立て続けに高視聴率を記録した。「社会現象になってましたからね。視聴率43%とか取って。ただどんな形であれ、いいものがあれば世間は見にくるんやなって思いますし。『ボクシングって面白い』って思ってほしいし、AbemaTVは見てる人も若い子が多いので」と期待を寄せた。

 もちろん和毅も気合十分だ。「初というのが自分の世界戦というのはうれしい。いい試合をして視聴者の方に喜んでもらえたら。今はネットの時代なんで。世界王者になれるところをみんなに見てもらえるんで、うれしいですね」と2階級制覇への思いを新たにした。

 また、当日は三兄弟のいとこである亀田京之介(20=協栄)が、プロ3戦目となるフェザー級4回戦で溝越斗夢(19=緑)と対戦することも併せて発表された。

 

実況 辻アナで解説が内山さん・竹原さんあたりでしょうかね

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス