村田諒太が練習を公開 挑戦者ブラントが練習公開  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

村田諒太の挑戦者ブラントが練習公開 警戒ポイントを説明「基本に忠実なボクサー」

2018年10月18日7時30分  スポーツ報知

  • 村田諒太に挑戦するロブ・ブラントが公開練習でサンドバッグ打ちを披露
 

 ◆プロボクシング 世界戦▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・村田諒太―同級3位ロブ・ブラント(20日、米ネバダ州ラスベガス・パークシアター)

 WBA世界ミドル級3位ロブ・ブラント(28)=米国=が17日、王者・村田諒太(32)=帝拳=への世界挑戦に向け、米ラスベガス内のトップランクジムで練習を公開した。試合前のピリピリした様子はなく、日米の取材に笑顔で対応するなど落ち着いた様子。シャドーや、サンドバッグをリズムよく打ち込むなど好調をアピールした。村田については「オリンピックで金メダルを取っている世界王者。それが一つのポイントで、あとは左ジャブと右ストレートがうまい。村田もコンディションがいいし、12ラウンド戦うパワーもある。基本に忠実なボクサー」と警戒した。

 テキサス在住だが、元WBA世界ライトヘビー級王者エディ・ムスタファ・ムハマド氏からトレーナーとして指導を受けるため、同氏のいるラスベガスで2か月間の合宿を敢行。「村田もコンディションがいいようだし、自分のベストを出さないといけない。ラスベガスでタイトルマッチができ、すごい夢だったので頑張りたい」と話した。

 同トレーナーは、日本の報道陣に村田の印象を問われたが「良い選手。以前、米国に来て練習をした時に(村田の練習)パートナーを連れて行ったことがある。その時から知っているし、友達だよ」と説明。ブラントの長所については「言うことを聞く。コーナーから出る時とか。それが力」としか言わず。自身の指導で成長した点は「ブラントの持っている力をもうちょっとよくした。(試合当日の)土曜日に見せるよ」と煙に巻いた。米大リーグ・ヤンキースのキャップを被るなど同チームのファンらしく、田中将大投手(29)のことは「グレートピッチャー!」と興奮気味に話していた。

 
多分村田さんは友達と思ってないな。27日の深夜にフジテレビでやるらしい。

村田諒太が練習を公開 挑戦者ブラントと入れ違いで初対面「僕よりサイズが小さい」

2018年10月18日7時29分  スポーツ報知
  • 2度目の防衛戦に向け、練習を公開した村田諒太(中)が現地メディアの取材に応じた
 

 ◆プロボクシング 世界戦▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・村田諒太―同級3位ロブ・ブラント(20日、米ネバダ州ラスベガス・パークシアター)

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=が17日、同級3位ロブ・ブラント(28)=米国=と2度目の防衛戦を行う米ラスベガス内のトップランクジムで練習を公開した。日米約50人の報道陣向けにストレッチとシャドーのみで終了。自身の前に同じ会場で練習を公開したブラントと入れ違いで顔を合わせたが、軽く笑みを浮かべてあいさつするだけにとどめた。初対面の相手に「あまりよく見てない。印象を見る前の段階」とした上で「僕よりサイズが小さいのかな」と話した。

 身長183センチの村田に対し、公称では182センチのブラントだが、そこまでの大きさはなさそう。村田は「往々にしてプロフィールより、小さいのが外国人とやるケースで多い。肩幅も思ったよりなかったかなという気はした」と説明。「プレッシャーをかけてパンチを打ち込んで、それが通用するかどうか。距離を取ってくるでしょうし、そこを詰めて打てるか」と展開を予想した。

 減量もいつでもリミットにできる状態で順調。「白いごはんが食べたいですね。腹いっぱい。最後に行き着くところはそこ。何を食べて元気になろうかと思うと、白米になる。日本人ですね」と19日の前日計量をクリアした後の楽しみを待ちわびた様子だった。

 

 

やっと来たか現地メディア。オリンピックメダリストで世界チャンピオンだからもっと騒がれていいはずですが、昔と違って世界チャンピオンが何人もいますからね~。村田さん本人もわかってるし。まあ圧倒してゴロフキン戦につなげましょう。

 
 
  •  
  •  

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス