井上尚弥 70秒殺は「100点」拳四朗“笑撃”小学生に間違えられた 。 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

王者・井上尚弥 衝撃の70秒殺は「100点」次戦は来春!1回KOで長谷川超えだ

1枚拡大

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級1回戦で1回KO勝利を飾ったWBA世界同級王者の井上尚弥(25)=大橋=が初防衛から一夜明けた8日、横浜市内で会見し「パーフェクト過ぎた。100点」と喜びを語った。次戦となるWBSS準決勝は来春の予定で、日本ジム所属選手では史上初となる世界戦3試合連続1回KO勝利が懸かる。

 記録ずくめの“モンスター”が新たな伝説に挑む。来春にも予定されるWBSS準決勝で井上が1回KO勝利を飾れば、元世界3階級王者の長谷川穂積を超え、日本ジム所属選手史上初となる世界戦3試合連続1回KO勝利の金字塔を打ち立てる。井上は「KO宣言はしませんよ。たまたまああいう風になったから良かったですけど、トップレベルでまた次もという保証はないです」と苦笑いでかわしたが、周囲の期待は高まるばかりだ。

 世界を駆け巡った衝撃の70秒殺は日本人の世界戦最速記録。世界戦7戦連続KO勝利、世界戦通算11試合KO勝利も日本新記録となった。それでも「試合一つ一つに対して自分のやれることをやったらついてきた記録。この先もそういう形で超えていけたらいいです」と足元を見据えた。

 前夜のKOシーンを「ダイジェストも含め50回以上見た」と振り返り、「パーフェクト過ぎた。100点かなという内容。KOで言ったら過去ナンバーワン」と自賛した。大橋会長も「歴史に残るKOだった。30年50年経ってからも流される。いや150年。それくらいすごいKOだった」と賛辞を惜しまなかった。

 20日に米国で対戦するIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とジェイソン・モロニー(オーストラリア)の勝者が次戦の相手となる。井上は大橋会長らと現地観戦を予定しており、「映像だけじゃ分からない。実際見て、どう感じるか」と対策に余念はない。次はどんな衝撃を与えるのか。怪物から目が離せない。

王者・拳四朗“笑撃”小学生に間違えられた 26歳なのに…「笑うしかないですよ」

1枚拡大

 4度目の防衛に成功したWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(26)=BMB=が都内で会見を行い、試合当日に小学生に間違えられた“笑撃”エピソードを披露した。

 拳四朗が“笑撃”のエピソードを明かした。試合当日の昼に父の寺地会長らとファミリーレストランへ出掛け、ドリンクバーを注文したところ、若い女性店員から年齢を確認されたという。

 12歳未満対象の「おこさまドリンクバー」の注文と思われたようで、実年齢26歳の半分以下に間違えられた童顔の王者は「ヤバいでしょ。26歳と言えなくて…笑うしかないですよ。僕の中でも伝説です」と苦笑いした。

 試合では元IBF王者を寄せ付けない圧勝で評価を上げたが、井上の70秒殺に「持っていかれた感がすごい。完全に消された。でもしょうがないですね」とお手上げだった。

 V5戦は未定。「勝ち続ければすごさが伝わると思う。コツコツ頑張るしかない」と控えめに語ったが、名王者への道を歩み始めたことは間違いない。

 

12歳はないでしょ。拳四朗選手が童顔すぎるのか?最近の小学生が大人びているのか?(笑)小学6年で164センチあったらその後かなり背が伸びそうですが、まあ、まだまだ一般に認知されえてないって事ですが、あと数試合後にはファミレスとかで食事出来ないくらい有名なっているかも。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス