またミドル級チャンピオンに薬物疑惑かよ(怒) | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

WBOミドル級王者サンダースが禁止薬物に陽性反応 10月防衛戦不透明に

 ボクシングのWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)が禁止薬物に陽性反応を示したと米スポーツ専門局ESPNが27日に報じた。8月30日に英シェフィールドで受けたボランティア反ドーピング機構(VADA)の検査で、興奮剤のオキシロフリンが検出されたもの。サンダースの今後はBサンプル(予備検体)の検査結果で判断されるが、10月20日に米マサチューセッツ州ボストンで予定していた指名挑戦者デメトリアス・アンドラーデ(米国)との防衛戦は難しくなった。試合のライセンスを発行する同州コミッションは10月8日に協議して結論を下す。

 10月20日の興行を主催するマッチルーム・ボクシングのエディー・ハーン・プロモーターはマサチューセッツ州コミッションの判断を待つ意向を示した。サンダースが欠場となってもアンドラーデは試合を行う予定で、王座剥奪となれば王座決定戦開催も視野に入れるという。WBOのパコ・バルカルセル会長は同州コミッションがライセンスを発行しない場合は王座を剥奪すると明言し、発行された場合でも調査を行い、試合を許可するか判断するとした。ただし、英国コミッションの規定ではオキシロフリンを試合後の検査のみにおいて禁止薬物と定められており、英国内の処分対象ではない。

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が戴冠前に一時標的としていたサンダースは26戦全勝(12KO)。15年12月に王座を獲得したが、ケガなどを理由に試合が延期されるケースが多く、まだ3度しか防衛を果たしていない。最近ではWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)とレストランで乱闘騒ぎを起こしたり、薬物中毒とみられる女性をけしかけて通行人を襲わせたのを車中から笑って見ている動画が流出し、英国コミッションから10万ポンド(薬1488万円)の罰金処分を受けるなど、問題行動が目立っていた。

村田諒太 2度目の防衛戦へブラント対策開始 トレーナーの動きを見切ってパンチ

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(10月20日、ラスベガス)

 王者の村田諒太が27日、都内の所属ジムで2度目の防衛戦へ向けた練習を行い、挑戦者ロブ・ブラント対策をスタートさせた。

 ミット打ちでは、トレーナーの動きを見切ってパンチを放った村田。「相手はジャブ、右ストレートからジャブを返す、ワンツースリーで終わるパターンが多いので、それを考えた」と説明した。

 力強い左フックを打ち込む場面が目立ったが、「初めから狙うのは良くない。ジャブをダッキングで外せれば、相手のバランスは崩れる。すると相手は疲れてくるので、そのスキをつければ」というのが狙い。だが、まだブラントの映像は見ていないとのことで、「練習がピークを迎える時期にそういうのを見てピリピリしたくないじゃないですか」と、来週から見始める考えだ。

 

火のない所に煙煙は立たぬ、サンダースよお前もメキシコ産国旗の牛うし喰ったか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス