恒成 世界最速 3階級制覇 プロ12戦目 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

恒成 世界最速 3階級制覇 プロ12戦目「生涯忘れられない試合」

WBO世界フライ級タイトルマッチ ( 2018年9月24日    名古屋市・武田テバオーシャンアリーナ )

2R、田中恒成(右)のパンチが木村翔(左)にヒットする  (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ
 

 挑戦者の同級1位・田中恒成(23=畑中)が王者・木村翔(29=青木)を2―0の判定で破り、日本人選手6人目となる3階級制覇を成し遂げた。12戦目での3階級制覇はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速で、23歳は日本人最年少と、まさに記録ずくめの勝利となった。

 初回からフルスロットルの、壮絶な打ち合いが続いた。心技体の全てを出し切った2人の激闘はジャッジ1人がドロー。1人が最後の11、12回を田中優位と採点し、2―0判定で決着がついた。

 「いい試合ができてよかった。生涯、忘れられない試合になりました」。消耗しきった声、大きく腫れた右目が激闘を物語る。現役世界最強の呼び声高いロマチェンコに並ぶ、世界最速12戦目での3階級制覇。「木村選手に勝つだけでもうれしいのに、プラスアルファ」。23歳3カ月での達成は亀田興毅の24歳1カ月を更新する国内最年少記録となった。

 新たなステージを切り開いた。2回、左フックで大きくぐらつかせてから猛然と連打。超人的な精神力とスタミナを誇る木村が強打を入れると、必ず打ち返した。11回には互いに足を止め、ガードなしの右ストレートの相打ち3発。「2発打ったら、もう1発いこうかなと」。テクニックとスピードで勝り、足を使うボクシングも可能だった田中が木村お得意の“ド突き合い”を挑み、上回った。

(メンタルの / 強化成果を / 激闘で発揮/) 一番の勝因に挙げたのは「気持ち」。「負ける危機感がある」と話していたように、初心に帰って土台をつくり直した。重点的に取り組んだのは、心が折れないような練習。8月には、畑中清詞会長が薬師寺保栄、辰吉丈一郎らと走った「チャンピオンロード」を週2回走り、メンタルとスタミナを強化した。

 「まだまだレベルに差がある」。記録でロマチェンコに並んでも慢心はない。フライ級は世界の選手層も厚くなり統一戦なども期待されるが、究極の目標は5階級制覇。目指すゴールはずっと先にある。 (水口 隆博)

 

 

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 同級1位の挑戦者・田中恒成(23)=畑中=が2-0(114-114、115-113、116-112)の判定で王者・木村翔(29)=青木=を破り、3階級制覇を達成した。

 12戦目での3階級制覇はWBA世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と並ぶ世界最速タイ記録。日本ジム所属選手の3階級制覇は亀田興毅(亀田)、井岡一翔(井岡)、ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)、八重樫東(大橋)、長谷川穂積(真正)、井上尚弥(大橋)に続き7人目。

 初回から激しい打ち合いとなった試合は、2回に田中が左フックを決めてペースを握る。木村も驚異的なタフネスとスタミナで抵抗するが、田中が自分の距離でリズム良くパンチを当てた。

 フルラウンドにわたって繰り広げられた壮絶な打撃戦を制した新王者は、リング上から地元名古屋の応援団に向かって「木村チャンピオンに最高の拍手を送ってください」と呼びかけ「すごいチャンピオンでした」と実力を認め合った。

 田中の通算戦績は12戦12勝(7KO)。木村は通算戦績は21戦17勝(10KO)2敗2分け

木村翔、田中恒成との激闘に敗れ「引退しよ~。燃え尽きたわぁ」すがすがしく語るも、現役続行も示唆

2018年9月24日18時53分  スポーツ報知

  • 12回を戦い終え、抱き合う新チャンピオンの田中恒成(左)と木村翔
 

 ◆プロボクシング▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇田中恒成(判定 2―0)木村翔●(24日、愛知・武田テバオーシャンアリーナ)

 同級1位・田中恒成(23)=畑中=が、王者・木村翔(29)=青木=に2―0(114―114、115―113、116―112)の判定で勝ち、WBAライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速12戦目での3階級制覇を達成した。田中の戦績はデビューから12連勝(7KO)、木村は17勝(10KO)2敗2分け。

 両者ともに初回から距離を詰める激しい打撃戦を展開。王者・木村は打たれてもひるまず立ち向かった。スピードで上回る相手に空振りが目立ったが、手数を緩めることは一切なかった。最後のゴングが鳴って田中と抱き合い、健闘をたたえ合った。「自分自身は負けたと思わなかった。互いに気持ちがぶつかり合った試合。終わった直後は気持ちよかった」。頭をつけてきた田中に対し「(普段は)そういうタイプじゃない。それくらい根性を決めて、僕との試合をしてきた。僕のフィールドでやってもうまくいかなかったから負けた」と振り返った。

 7回頃から右目が腫れ「2回のフックで効いた。途中から見えなくて、ちょっとやばいという焦りが出たけど、王者として根性を見せられてよかった」と胸を張った。11回以降は右拳に痛みを感じ「本気で殴れない。当たっても効いてなかったと思う」と説明。7月末のV2戦から2か月弱の短い試合間隔には「色んな人がスパンが短いと言ってくれるけど、自分がやると決めたし。休まなかったので調子はよかったし、言い訳にはならない」と潔かった。

 試合後の控室では、今後について「もうないです。ボクシングをやりたいと思わない。今はやりたくない」と断言。隣に座る有吉将之会長(44)から「はっきり言うなぁ」と突っ込まれると、「まぁ、またやりたいって思うかも」と含みを持たせ「燃え尽き症候群。それくらいの気持ちでやっていた」とコメント。取材後は控室のベンチに寝転がり「引退しよ~。燃え尽きたわぁ」と、すがすがしい表情で天井を見つめた。ひとまず休み、進退について正式に答えを出す。

 

田中選手がスピード、自分の距離で戦った、セコンドが、レッスン・レッスン・ボクシング・ボクシングと盛んに声掛けてましたが指示通り動いた事勝因でしょうか?木村選手は前へ出るボクシングで正直ですがその前へ出てくるプレッシャーが凄い。打たれても打たれても前へ、手を出して相手を追い詰めるボクシング。捕まえ切れなかったですね。

私の採点は大差で田中選手でした。木村選手、試合後「燃え尽きた~引退しよ。」ってのも昭和のボクサー風情ですな。どちらもゆっくり休んで次の試合期待しております。お疲れ様でした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス