王者・木村翔&挑戦者・田中恒成 予備検診ともに異常なし | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

王者・木村翔&挑戦者・田中恒成 予備検診ともに異常なし

ドクターの診察を受ける王者・木村(中)と見守る挑戦者の田中
Photo By スポニチ
 

 ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ(24日、武田テバオーシャンアリーナ)の予備検診が22日、名古屋市のCBC放送センター1F特設会場で行われ、王者・木村翔(29=青木)、挑戦者で同級1位の田中恒成(23=畑中)ともに異常なしと診断された。

 3度目の防衛を目指す木村は身長やリーチ、胸囲など大半の数値で田中をやや上回ったが、「体で勝負するわけじゃないんで。お互い、減量もしているし、関係ないんじゃないですか」と意に介さず。減量はリミットの50.8キロまで、残り2キロだが、「あした(23日)にはちょうとリミットになるかなという感じ」と不安なしを強調。「注目される日本人対決なのでモチベーションは高い」と意気込んだ。

 この日は東京から名古屋まで新幹線で移動。世界王者となり、すでに2度防衛しているだけに報道陣から「グリーン車?」と尋ねられたが、「いや普通の指定席です」と苦笑い。すかさず有吉将之会長が「そんなに甘くないよ」と突っ込み、「でも一応、一番前の席を取ったんです」と話し、笑いを誘った。

 一方、ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)に並ぶ世界最速のプロ12戦目での3階級制覇を目指す田中は身長が0.7センチ伸び、胸囲も3.7センチ増と体が一回り大きくなった。減量もリミットまで500グラムと順調。「コンディションは今までの世界戦の中での一番いい」と自信をのぞかせていた。

 

木村選手にはまだまだ稼がせてあげたいですね。決戦まであと2日

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス