メイウェザー、パッキャオと日本で復帰戦プラン | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

メイウェザー、パッキャオと日本で復帰戦プラン「今詰めている」

 ボクシングの元世界5階級制覇王者で17年5月の試合を最後に引退したフロイド・メイウェザー・ジュニア(41)=米国=が17日、都内で会見を開き、世界6階級を制覇した現WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(39)=フィリピン=と日本で復帰戦を行う考えがあることを明かした。両者は15年5月に対戦し、ファイトマネーの合計が300億円を超える“世紀の一戦”として大きな注目を集めて、メイウェザーが判定で勝利した。

 この日の会見ではメイウェザーのほか、協栄ジムの金平桂一郎会長、元3階級制覇王者の興毅氏、元2階級制覇王者の大毅氏、元世界王者の和毅も出席し、メイウェザーの日本での活動で協栄ジムとパートナーシップを結ぶことが発表された。

 また、この会見は、メイウェザーがパッキャオと日本で再戦を発表すると報道陣に知らされていたが、発表はされず。メイウェザーは「この前、(同じく来日中の)パッキャオとばったり会った。アメリカに帰って今後のことを考えたい。(再戦は)今詰めている」と前向きの姿勢を見せたものの、具体的なことは話さなかった。

 

なんでしょうかね?協栄?でも日本でやるならそれはそれでみたいですが・・どうなりますか?まさか大晦日にTBSはないですよね?アメバTV?もっとないか?

カネロ ミドル級頂上決戦を判定で制し「ゴロフキンは強かった。彼は素晴らしいパンチャー」

2018年9月16日13時11分  スポーツ報知

  • ゴロフキンを判定で下し、新王者となったサウル・アルバレス(ロイター)
 
 
 
  • ゴロフキン(右)に左ジャブを浴びせるアルバレス(ロイター)

 ◆プロボクシング ▽WBA・WBC世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇サウル・アルバレス(判定)ゲンナジー・ゴロフキン●(15日、米ネバダ州ラスベガス、T―モバイル・アリーナ)

 元世界2階級王者の挑戦者サウル“カネロ”アルバレス(28)=メキシコ=が、因縁の再戦を制した。WBA・WBC世界ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36)=カザフスタン=に2―0の判定勝ち。アルバレスの戦績は50勝(34KO)1敗2分、ゴロフキンは38勝(34KO)1敗1分。ゴロフキンはWBA21度目、WBC9度目の防衛に失敗した。

 新王者となったカネロは「感情が高ぶって言葉がありません」とリング上で喜びを表現。「皆さん、ありがとう。勝利を信じてくれて感謝している」とファンに思いを伝え、「約束通りKOしたかったけど、ゴロフキンは強かった。彼は素晴らしいパンチャー。(母国)メキシコのために勝ちたかった。素晴らしい栄誉あるライバル。ライバルは素晴らしいファイターになるために必要」と相手に敬意を表した。「もし、3度目の正直を求めるなら、しっかり家族と休みを取ってからやりたい」と最大のライバルとの第3戦を匂わせた。

 両者は昨年9月の対戦で三者三様の引き分けとなって議論を呼び、今年5月に再戦予定だったが、アルバレスのドーピング違反で試合中止に。14日の前日計量では、一触即発となるなど火花を散らすライバル関係だった。10月20日に2度目の防衛戦に臨む同級のWBA正規王者・村田諒太(32)=帝拳=は、この試合の勝者との対戦を希望している。

 

どっちも勝ってる様なきわどい試合、これぞ頂上決戦って感じでした、でも1戦目も2戦目もこうきわどいと3度目みたいですね。やっぱり期間が短かったのが良かったのか?レナードとハーンズの再戦はお互い年取って期間空きすぎ、自分はハーンズの勝かと思いましたが。レナードvデュランの3度目はレナードのワンマンショ=。うーん3度目みたいな出来たらこんどはKO決着。今後のミドル級どう動いていくんでしょうか?

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス