ゴロフキンVSカネロ前日計量で一触即発 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

騒然!ゴロフキンVSカネロ前日計量で一触即発 「ピエロ」「俺の勝ち」と舌戦

前日計量で顔を合わせたアルバレス(左)とゴロフキン(AP)
Photo By AP
 

 ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチの前日計量が14日(日本時間15日)、試合会場の米ネバダ州ラスベガス、T―モバイル・アリーナで行われ、統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)はリミットより100グラム軽い72・4キロ、元WBC同級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(28=メキシコ)は200グラムアンダーの72・3キロでパスした。

 計量後、選手同士が顔を突き合わせる「フェースオフ」となった際、カネロがゴロフキンに額をぶつけるほどの勢いで詰め寄り、ゴロフキンも一歩も引かなかったため一触即発の状態に。計量会場に詰めかけた数千人のファンが騒然となる中、両陣営のスタッフが間に割って入り、乱闘を免れた。ゴロフキンは直後の舞台上のインタビューで「あいつはピエロみたいだった。芸人だよ。真の男じゃないね」と批判。カネロも「計量では俺の勝ちだな。明日の試合も俺が勝つぜ」とやり返した。

 ミドル級の頂点を争う2人は昨年9月の対戦で、議論を呼ぶ採点も含む三者三様の判定で引き分け。今年5月に一度は再戦が決まったものの、カネロのドーピング違反で延期となり、ゴロフキンが批判を展開してから関係が悪化していた。再戦発表の記者会見も別々に行い、2人が7カ月ぶりに同席した12日の最終記者会見でも「ファースオフ」が行われないほどピリピリムードが漂っていた。

 

カネロ紳士的にいこうよ、弱くはないけど日本式に言えば弱い犬ほどよく吠える。みたいな感じ。ゴロフキンの批判もまあいいとはいえないが、そもそも疑惑を持たれる方が悪い(きっぱり)明日はゴロフキン応援します。残念ながらリアルタイムで観れませんが。

井上選手チケット完売だそうで、でも早くも売りに出されてましたが、先行販売なんとかって事はFCの会員が売りに出してるんでしょうかね?

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス