拳四朗、10・7相手は元IBF王者ミラン・メリンド | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

拳四朗、10・7に井上尚弥とダブル世界戦 相手は元IBF王者ミラン・メリンド

2018年8月28日13時15分  スポーツ報知

  • 10月7日に4度目の防衛戦が決まり意気込みを見せる拳四朗
 
 
 

 プロボクシングWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26)=BMB=は28日、都内で会見し、10月7日に横浜アリーナにて、元IBF世界同級王者でWBC同級6位のミラン・メリンド(30)=フィリピン=と4度目の防衛戦を行うと発表した。拳四朗の戦績は13勝(7KO)、メリンドは37勝(13KO)3敗。同日はWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=の初防衛戦も行われ、ダブル世界戦となる。

 拳四朗は5月にガニガン・ロペス(メキシコ)との指名試合で2回KO勝ちし、V3に成功。「やっと決まったという気持ち。決まったからには、どんどん追い込んで圧勝できれば」と意気込んだ。

 メリンドは、昨年5月に八重樫東(大橋)とのIBF同級王座統一戦で1回2分45秒TKO勝ちして王座獲得。大みそかには、WBA同級王者だった田口良一(ワタナベ)との統一戦で判定負け。田口戦以来の再起戦となる。

 

ミランドですか、悪い相手ではないですよね。この相手を前回の様に倒すか完封すれば、さらに評価上がるでしょうね。前回も素晴らしい勝ち方しながら、井上の衝撃KOに消されてしまった感がありますね。

井上より衝撃的なKO勝で目標の知名度アップして欲しいですね。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス