木村翔 中国で27日V2戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

木村翔 中国で27日V2戦 8日前ドタバタ発表も…ゲンがいい?

<WBO世界フライ級タイトルマッチ・木村翔 防衛戦 記者会見>ど派手な黄色い靴をアピールする木村(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ
 

 ボクシングのWBO世界フライ級王者・木村翔(29=青木)が19日、都内で会見し、今月27日に中国・青島市の青島体育センター国信体育館で同級4位のフローイラン・サルダール(29=フィリピン)を相手に2度目の防衛戦を行うことを発表した。

 試合8日前のドタバタ発表だが、中国での試合&ドタバタ発表は昨年7月に王座を獲得した時と重なるだけに木村とってはゲンがいいとも言え、「しっかり防衛して日本に戻ってきたい」と意気込みを語った。恒例のタイ合宿は実施出来なかったものの、空調がなく、ドアや窓も閉め切ってサウナ状態にしたジムでスパーリングを行うなど暑さ対策は万全。元々1階級下のライトフライ級を主戦場にしていたこともあって最近まで普通に食事をしながら体重はリミットまで残り2・9キロと減量も問題ない。

 対戦相手のサルダールは31戦28勝19KO2敗1分けで、過去にWBOアジアパシフィックフライ級王座などのタイトルを獲得。16年9月には井上拓真(大橋)と対戦し、判定負けしたものの、1回に井上拓からダウンを奪ったハードパンチャーで「ザ・スナイパー」の異名を持つ。弟のビック・サルダール(27)は13日のWBO世界ミニマム級タイトルマッチで山中竜也(真正)に判定勝ちして新王者となっており、木村はその“勢い”も警戒している。

 木村は19戦16勝(9KO)1敗2分けの右ボクサーファイター。昨年7月に五輪2連覇の鄒市明(中国)を11回TKOで下して王座獲得、同12月には五十嵐俊幸(帝拳)を9回TKOで退けて初防衛に成功した。

さて正式発表前に世間には知れ渡っていましたが、12月の初防衛から7ヶ月五十嵐戦ではぶんぶん丸の印象でしたが、相手もあれだけ
来られると嫌になるでしょうね。昭和のボクサーの印象です。今回も
サルダールギブアップさせて日本に帰国してぜひ田中恒成選手との
試合を実現させて欲しいものです。しかしこの写真昭和の漫才師みたいですな
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス