今更ながらパッキャオ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

39歳パッキャオ、10度目王座奪取で引退説を一蹴!再起戦制す 

2018年7月16日6時0分  スポーツ報知

  • マティセ(左)を破って王座を獲得したパッキャオ(ロイター)

 ◆WBA世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦 ○マニー・パッキャオ(7回2分43秒 TKO)ルーカス・マティセ●(15日、マレーシア・クアラルンプール)

 WBA世界ウエルター級タイトルマッチが15日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、主要4団体で6階級制覇したマニー・パッキャオ(39)=フィリピン=が、1年ぶりの再起戦を制した。王者ルーカス・マティセ(35)=アルゼンチン=に7回2分43秒TKO勝ちで通算10度目の世界王座獲得。負ければ引退の可能性もあった試合で復活を印象づけた。パッキャオの戦績は60勝(39KO)7敗2分け、マティセは39勝(36KO)5敗1無効試合。

 序盤から主導権を握ったパッキャオは、3回に右フックでダウンを奪うと、5回にも膝をつかせた。勝負を決めたのは7回。ガードの隙間から強烈な左アッパーをぶち込んで3度目のダウンを奪った。世界戦では09年以来のKO勝ちで初めてWBAのタイトルを獲得。「タフな相手なので、KOできたのはボーナス。全力で戦った。みんなありがとう!」と喜びに浸った。

 昨年7月にWBO同級王座から陥落。12月で40歳になるため、負ければ引退の可能性もあった。「この勝利はフィリピン国民にささげます。母国に幸せな気分で帰りたい。次戦は年内? そのつもりでいる」。母国で国会議員も務める英雄の伝説は続く。

 
いつまで戦い続けるんだ。というより39歳で前より動きよくなってないですか?トレーニングかえたのか?マティセと噛み合ったのか?う^んいずれにしろこれでWBAはスーパーチャンピオン2人?だったら次はサーマン戦みたいなぁ。ホーン戦で終わったと思ってたのでなおさら衝撃~

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス