山中vsサルダールWBO世界ミニマム級戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

山中竜也、7回にダウン…判定0―3でV2ならず「申し訳ない」

2018年7月14日6時0分  スポーツ報知

 

7回、サルダール(右)にダウンを奪われる山中

 

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦 ○ビック・サルダール(判定 0―3)山中竜也●(13日・神戸市立中央体育館)

 王者・山中竜也(23)=真正=が同級3位・ビック・サルダール(27)=フィリピン=に0―3の判定で敗れ、2度目の防衛に失敗した。7回にダウンを喫し、終盤の反撃も及ばず。減量苦に悩まされていた山中は再起する場合、ライトフライ級(48・9キロ以下)への転向が濃厚だ。戦績は山中が16勝(5KO)3敗、サルダールが18勝(10KO)3敗。国内ジム所属の世界王者は6人となった。(観衆 2200)

 山中が本拠・神戸で王座を奪われて涙した。自宅から自転車で会場入りした庶民派は「応援してくださった方々に申し訳ない」。女手ひとつで6人きょうだいを育ててくれた観客席の母・理恵さん(47)や弟、妹らへV2を届けられなかった。

 7回に正面でサルダールの右ストレートをもらい、4回戦時代以来プロ2度目のダウン。立ち上がるも15キロもの減量苦から足がつり、最後まで挽回できなかった。「効かされた。相手はパンチがあった」と唇をかんだ。

 6月には神戸市内で、離れて住む父(46)と会い勇気づけられた。小学5年時に両親が離婚。少年時代は、年に数回だけ会う父に対し「母さんに迷惑かけて…」との思いもあったが、世界王座獲得後に初めて会うと「世界戦、勝って良かったな。次も頑張れ」と激励してくれた。数分間の立ち話を終え、父は溶接業の現場へ戻っていった。

 完敗にも「このままでは終われない」と前を向いた。再起ならライトフライ級転向が濃厚。ダウンのダメージを考慮して神戸市内の病院に向かったが、関係者によると意識はしっかりあったという。しばし拳を休めた後、立ち上がる。(田村 龍一)

 
 

ラッキーセブンならず魔の7回になってしまいましたね。うまく戦ってたんですが・・ダウンなければポイントアウトできたかもしれませんが、やはり一発のある選手は怖いですね。ただ田中選手とやった時のような迫力は感じませんでしたが、サルダールもまたあの1戦以降成長したんでしょうね。本人も言うようにまだ全然若いんでゆっくり休んで再起してください。ただ必要以上の減量はしないで階級上げて欲しいですね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス