加納陸、8・24後楽園で小野心に挑戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

加納陸、8・24後楽園で小野心に挑戦 日本王座獲得から再浮上めざす

7/4(水) 16:59配信

スポーツ報知

 大成ジム(兵庫・三田市)は4日、元WBO世界ミニマム級(47・6キロ以下)1位の加納陸(20)が、8月24日に東京・後楽園ホールで日本同級王者・小野心(35)=ワタナベ=に挑戦することを発表した。加納は16年8月、18歳でWBO世界同級王座決定戦に出場したが、高山勝成(仲里、当時)に6回負傷判定負け。17年5月、WBOアジア太平洋同級王座決定戦でもトモグダン(フィリピン)に6回KOで敗れた。その後2連勝中だが、世界戦線再浮上へ、日本王座獲得を足掛かりにしたいところだ。

 同ジムで会見した加納は「昨年5月に負け、やっとタイトル戦線に戻って来たけど、日本王座は目標ではない。パッと奪取して次のステップへ行きたい」と、小野とのサウスポー対決を通過点だと強調。日本ボクシングの聖地・後楽園ホールではアマ時代に2戦して1勝1敗で、プロ入り後は初ファイトだが「東京のお客さんに衝撃を与えたい。KOするつもり」と自信を見せた。丸元大成会長(42)も「もう一度、加納陸ここにありと認めてもらい、世界を目指したい」と意気込む。

 小野は2度の世界挑戦経験があり、今年4月に獲得した日本王座の初防衛戦となる。通算成績は加納が8勝(4KO)2敗、小野が22勝(5KO)9敗3分け。

 また、加納の同僚で元WBCアジアバンタム級王者の秋月楓大(19)が、7月29日にエディオンアリーナ大阪第2競技場にて中村祐斗(21)=市野=との日本ユーススーパーフライ級王座決定戦に出場することも発表された。

 

加納選手、私の中ではおひさしぶり~ね。♪って感じ世界戦やったのがもう2年近く前ですか?井岡弘樹さんの最年少世界王座獲得記録を破るのを目標にしての挑戦でしたね。然し悲願達成はならず。すみませんがあの試合では素人の私にはとても世界取れる選手には見えませんでした・・・世界失敗、アジア失敗・・そして今度日本タイトルに挑戦日本・東洋・世界と上に行く逆パターン

宣言通りバッと奪取出来るといいですが、仮にできたとしてバッと返上、世界戦ウエイティング組に入るってのはやめていただきたいですね。日本王座の価値と自身の評価上げてから世界再挑戦していただきたいですね。その前に小野選手頑張って壁になってやってください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス