村田諒太沖縄合宿に出発 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

村田諒太、V2戦に向けて「最悪な」沖縄合宿に出発

2018年6月25日9時28分  スポーツ報知

  • 沖縄合宿に出発する村田諒太
 

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=が25日、羽田空港から8日間の沖縄・国頭村での合宿に出発した。昨年10月に王座を奪取し、4月にミドル級で日本人初の防衛に成功。快挙から2か月以上がたち「さび落としみたいな感じ。この時期にいいところでキャンプをさせてもらって、感謝しないといけない」と楽しみな様子だった。

 初防衛戦前にも1月と2月に沖縄合宿を敢行。約2キロの急勾配の坂道を走るなど下半身を中心にを鍛えた。「坂道ダッシュはよかった。今回もやる。スタミナ強化になる」と意気込みつつ「あの最悪なやつね」と、もん絶必至のトレーニングに苦笑い。「(前回は)スプリント系もやって短距離の走り方がうまくなった。今回も刺激を入れていってもいいかな」と普段と違う動きを取り入れて体を作っていく。

 9月か10月に米ラスベガスで予定されるV2戦は、WBAから23勝(16KO)1敗の同級3位ロバート・ブラント(27)=米国=との対戦指令が出されている。同じ階級では、WBA・WBC統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が挑戦者サウル・アルバレス(メキシコ)と9月15日に再戦することが決定。昨年9月は引き分けだった両者の対決に「やっぱり楽しみ。両方とも倒れるのが想像できない。(V2戦で)勝てたら勝者と対戦したい」と力を込めた。ビッグマッチ実現へ、まずは次戦へのベース作りに励む。

 

ここのところワールドカップで野球はじめとするスポーツの報道も脇へ追いやられがちですが、来月13日には山中VSサルダール戦もあり8月には岩佐選手の2度目の防衛戦もありますね。

村田さんがキャンプに行くという事はかえって来たら時期防衛戦の発表でしょうか?アメリカでの防衛戦らしいですが、やはり相手ですね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス