大竹秀典選手、2度目世界戦へ意欲  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

大竹秀典選手、2度目世界戦へ意欲 ボクシング東洋太平洋王者

 

 

 3月に行われたボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦で3度目の防衛に成功した郡山市出身のプロボクサー、大竹秀典(36)=日大東北高卒=と、大竹が所属する金子ジムの金子健太郎会長は8日、郡山市役所に品川萬里市長を表敬訪問した。大竹は王座防衛を報告し、世界戦に再挑戦する意思を示した。

 大竹はチャンピオンベルトを持参し、「10ラウンドまで戦うタフな相手だったが、終始、自分のスタイルのボクシングができた」と防衛戦を振り返った。判定で惜敗した2014(平成26)年以来となる世界戦に向けては「実力を伸ばし、まだまだ戦えることを証明したい」と力を込めた。金子会長は「大竹を世界王者にして、明るいニュースを届けたい」と語った。品川市長は活躍を願い、激励の言葉を送った。

 大竹は市内のジムでボクシングを始め、05年にプロデビュー。17年には東洋太平洋同級王座を獲得した。戦績は31勝(14KO)2敗3分。

 

  3か月も経って表敬訪問するとは世界戦決まったんですかね?ローマンと岩佐さんは決まってるからCかOでしょうかね?どっちとやっても厳しい試合になりそうですが・・・

 

伊藤雅雪 7・28米フロリダで世界初挑戦「日本に必ずベルトを持って帰る」

伊藤雅雪(中央)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級2位・伊藤雅雪(27=伴流)の世界初挑戦が正式決定した。7月28日に米フロリダ州キシミーで行われるWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦で、同級1位クリストファー・ディアス(23=プエルトリコ)と対戦する。WBOや興行をプロモートする米トップランク社が11日、発表した。試合は米スポーツ専門局ESPNのストリーミング配信サービス、ESPN+で全米生中継される。

 WBO世界スーパーフェザー級王座は前王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がWBA世界ライト級王座を獲得したため返上し、空位となっていた。伊藤は「WBO王座を懸けてディアスのような偉大な選手と戦えるのをとても喜んでいる。ディアスはパワーとスピードのあるいい選手だが、7月28日に自分はチャンピオンになる」とコメント。「日本に必ずベルトを持って帰る。妻と子供に約束した。人生を懸けて戦う」と意気込んだ。

 プロ通算25戦23勝(12KO)1敗1分けの伊藤は3度王座を防衛した前東洋太平洋スーパーフェザー級王者で、現WBOアジア・パシフィック同級王者。スタイリッシュな右ボクサーファイターで、今年3月3日に東京・後楽園ホールで行われた世界前哨戦では9回TKO勝ちを収めていた。米ロサンゼルスに何度も武者修行に出かけて強化を図り、先月も同地でスパーリングを積んできたばかり。「この階級は激戦区なので、チャンスが来たら絶対に逃さないようにしたい」と抱負を述べていた。

 一方、23戦全勝(15KO)のディアスは強打が武器の右ボクサーファイター。こちらも世界初挑戦で、昨年9月にプエルトリコなどを襲ったハリケーン・マリアの被害に遭った地元期待の星だ。「自分が世界チャンピオンになる時が来た。愛するプエルトリコに世界タイトルを持って帰ることを約束する」とコメントした。

 

まあ無敗は無敵ではない。ですのでチャンスはあるでしょうが世界レベルかどうかこの試合で試される気がする。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス