八重樫5年ぶり日本人対決へ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

プロボクシング元3階級制覇王者八重樫東(35)、東洋太平洋フェザー級王者清水聡(32=ともに大橋)が8月17日、東京・後楽園ホールで次戦に臨むことが28日、発表された。

 スーパーフライ級で4階級制覇を狙う八重樫は2度の世界挑戦経験があるWBOアジア・パシフィック同級王者向井寛史(32=六島)とノンタイトル10回戦で対戦が決定。13年4月にWBC世界フライ級王者五十嵐俊幸に挑戦して以来、5年ぶりの日本人と拳を交える。28日に横浜市内の所属ジムで会見した八重樫は「燃えますね。(世界挑戦への)サバイバルマッチだと思うので気合が入ります」と意気込んだ。

 また東洋太平洋フェザー級王者の清水は同級10位河村真吾(27=堺東ミツキ)との3度目の防衛戦が決まった。プロ3戦目となる17年5月の山本拓哉戦以来となる日本人対決。八重樫とともに会見に臨んだ清水は「日本人対決で後楽園ホールも盛り上がると思う。いつも倒しにくい相手ばかりですが、今回もKOで倒したい」と意欲をみせた。

 

清水さん全然嫌いじゃないけれど、世界今年中にやりたいというなら

このまま東洋防衛して自然にランキングあげて指名挑戦者になるより

一発勝負に出てランキング奪って来ましょうよ、って言っても試合組むの清水さんじゃないけどね。昨年の12月の試合観ましたけど、トークは面白いけどあの内容の試合じゃ笑えませんわ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス