井上尚弥、30秒で「あ、これ、いける」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚弥、30秒で「あ、これ、いける」王者のパンチ見切る 村田も舌巻く圧勝

昨夜もかえってきたのは3時でした。観戦記はまた後程
それにしても強すぎる本当に日本のボクサーか?
ジュリアン・ジャクソンなど海外のハードパンチャーを思いだしました。
 

 「ボクシング・WBA世界バンタム級タイトルマッチ」(25日、大田区総合体育館)

 ダブル世界戦のメインイベントで、元世界2階級王者で同級2位の井上尚弥(25)=大橋=が、王者のジェイミー・マクドネル(32)=英国=に初回1分52秒TKOで圧勝し、3階級制覇を達成した。マクドネルは6度目の防衛に失敗した。試合後は時間の余ったフジテレビの中継にきれいな顔で出演。相手のパンチを30秒で見切ったといい「あ、これ、いけるかな」と決着に動いたと振り返った。

 ゲスト解説をしていたWBA世界ミドル級王者の村田諒太も「結構、はじめ慎重に戦っていたので、それ(早い決着)はないのかなと思っていたら、予想を上回る早い決着になっちゃいました」と舌を巻くほどの圧勝だった。井上は「いつも通り、判定でもいいという気持ちで臨みました。最初は様子を見て、徐々にペースを上げていこうという作戦だったんですけど」と振り返った。

 最初、慎重に見えたのは「チャンピオンの動きとか、パンチの動作だったり、確認を30秒ぐらい」していたからだといい、「あ、これいけるな」と確信。「スピードだったりパンチの角度を見切れたので。ただ、右を出していなかったので、そこだけでしたね。怖かったのは。左に対しては完全に対応できるなという感覚があった」と冷静に自分の試合を解説していた。

尚弥 衝撃の112秒殺!国内最速16戦目で3階級制覇

WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦   ○同級2位・井上尚弥 1回1分52秒TKO 王者ジェイミー・マクドネル● ( 2018年5月25日    東京・大田区体育館 )

1R、ロープ際に追い詰めたマクドネル(左)にパンチを連打する井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 またも衝撃の戴冠で最強トーナメント出場を決めた。井上尚弥が日本人の世界戦歴代5位の速さとなる1回1分52秒TKO勝ちで、WBA世界バンタム級王座を奪取。日本人5人目の3階級制覇を国内最速16戦目で達成し、今秋開幕の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」参戦を宣言した。日本人が英国人世界王者に勝ったのは初で、世界戦での通算10KO勝利と6連続KOは国内1位タイとなった。

 これでも物足りないのか。“過去最強の相手”マクドネルを112秒で沈めたあと、井上は「何も分かんないまま、バンタム級の初戦が終わっちゃった」と苦笑いした。「中盤までいってバンタム級の体力とか耐久性とかを確認できていたら、自信を持ってトーナメントへ行けるけど、ここから行くとなると未知ですよね」。米国と英国に生中継された一戦で「怪物ぶりは十分アピールできた」と自ら言いながらも、手応えは残らなかった。

 相手のジャブにスピードがないと見切ったのが開始30秒。「1回前半は様子見」のセコンド指示を無視して攻めに出た。体格差があるため「普通のフックは当たらない」と左のロシアンフック(肩を回して打つフック)を側頭部に当てると王者がよろけ、左ボディーでダウンを奪った。ロープに詰めると「(相手が前日計量に遅刻した)怒りもこもっていた」ラッシュで、10年間無敗だったマクドネルをTKO負けに追いやった。「この試合もそうだけど次の試合も決まっているので、今までにないプレッシャーがあった」。試合前、ジムの同僚たちに控室から出てもらったほど、集中した気持ちをリング上で爆発させた。

 会場入り後の体重チェックでマクドネルが6階級上のウエルター級にあたる65・3キロを記録。減量に苦戦して計量に1時間10分遅刻し、バンタム級のリミットを200グラム下回る53・3キロでパスした前日から12キロも増えていた。一方、計量ではリミットの53・5キロだった井上は6キロ増の59・5キロ。IBFの当日計量と違い増量幅の限度や罰則はなく、6キロの体重ハンデを背負っての戦いだったが「単に動きが鈍るだけ。リング上で重さは感じなかった」と言ってのけた。

 対戦相手に恵まれなかったスーパーフライ級を卒業。ファイティング原田、辰吉、長谷川、山中ら名王者が名を連ねるバンタム級でベルトを巻き「夢みたい。レジェンド、偉大な方ばかりなので、そのスタートラインに立ったのは誇りに思いたい」と話した。リング上では海外再進出や他団体王者との統一戦も保証されるWBSSへの出場を表明し、「優勝できるように頑張ります」と宣言。「(WBO王者)テテとはやってみたいけど、当たれば一緒なので誰でもいい」。真の最強を決める戦いが、怪物をさらに強くする。

拳四朗“一裂拳”で圧勝V3「気持ち良すぎてたまらない」

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦   ○王者・拳四朗 2回1分58秒KO 同級1位ガニガン・ロペス● ( 2018年5月25日    東京・大田区体育館 )

2R、ロペス(左)を右ボディーでKOする拳四朗(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 王者・拳四朗が同級1位のガニガン・ロペスに2回1分58秒KO勝ちし、3度目の防衛に成功した。

 ここまで早い幕切れは、誰もが予想してなかった。2回中盤。拳四朗のボディーでくの字になったロペスは膝を突いたまま立ち上がれない。余力を残してベルトを守り、「いや、もう気持ち良すぎて。たまらないです。こんな早く終わるとは思ってなかった」とスマイル全開だった。

 エンジンがかかり始めた2回。序盤のボディーで主導権をつかむと、腰のひけた相手にこん身のボディーストレートを打ち込み決着をつけた。昨年5月の初対戦以来、再び敵地に乗り込んできた前王者を返り討ち。本人も「ビックリした。あれで倒したことなかった」という一発に、トレーナーで父の寺地永氏も「予想外。(勝負は)後半のつもりだった」と驚きを隠せなかった。成長した愛息の姿に「とりあえず、もう1回防衛は見えたかな」と父。虎の子のベルトを守った王者がさらなる高みを目指していく。

 ◆拳四朗(けん・しろう)本名・寺地拳四朗。1992年(平4)1月6日生まれ、京都府城陽市出身の26歳。奈良朱雀高―関大でアマ74戦58勝(20KO・RSC)16敗。14年8月プロデビュー。15年10月にWBCライトフライ級ユース王座、同年12月に日本同級王座、16年8月に東洋太平洋同級王座を獲得。17年5月、ガニガン・ロペス(メキシコ)に2―0で判定勝ちし、プロ10戦目でWBC世界同級王座獲得。身長1メートル64.5の右ボクサーファイター。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス