W世界戦 田口vsブドラー 京口vsバラス  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

田口、判定負けで日本人初の統一王座防衛ならず 渡辺会長の執念の猛抗議も届かず

 「ボクシング・IBF・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(20日、大田区総合体育館)

 2団体統一王者の田口良一(31)がIBF世界ライトフライ級6位・WBA世界同級7位の挑戦者ヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=との日本人初の統一王座防衛戦に0-3の判定で敗れ、IBF王座は初、WBA王座は8度目の防衛に失敗した。田口の戦績は27勝(12KO)3敗2分。ブドラーは32勝(10KO)3敗。

 盛んに上体を動かしながら多彩なパンチを連打する挑戦者に対し、田口は「キーになる」と話していた左ジャブを中心に迎撃。だが、序盤から4回には左右のボディーブローの連打を浴びて後退するなど、相手の手数に押される場面が目立った。

 それでも、8回からは、動きが落ち始めた相手に対し、ボディーブローや接近戦での連打を浴びせるなど優位に戦いを展開。そして、最終12回の序盤には左フックでスリップと判定されたもの試合後の渡辺均会長の猛抗議で変更されたダウンを奪い、その後も一方的に攻め込んだが、仕留めきれず。3者とも1点の小差で涙を飲んだ。

田口に聞く】

 ――試合を終えての感想は。

 田口「残念の一言です」

 ――序盤から相手が出てきたのは予想外だったのでは。

 「ジャブで先手をかけてと思っていたが、逆に先手を取られちゃいました。予想とは違いました。もうちょっと足を使うのかと思っていた。調子がいい時は勝手に手が出るけど、出なかった。考えながらやっていたことを考えると、調子は良くなかったのかも」

 ――採点は。

 「まあ、負けかなと思った」

 ――最終回のダウンが最初はスリップと判定されて、覆った。

 「ダウンだと分かっていたので攻めていこうと思った」

 ――試合前は調子が分からなかった?

 「リングに上がってみないと分からない。今回は分からず、いつもと違うなと思った」

 ――ブドラーはうまかった

 「ワンツーからジャブとか、3つめのパンチがあって、そういうのでペースを取られた。対策はしていたけど、動きが悪くて、3発目をもらっちゃった」

 ――最後は詰め切れなかった。

 「テクニシャンで老かい。ペース配分もうまかった」

 ――もう1回やれば勝てるか。

 「その時のコンディション次第かなと思う。調子が良ければ勝てるなと感じる。勝つ可能性もあれば負ける可能性もある」

 ――2つのベルトを懸けた試合で敗れた。

 「もう1回ダウンを奪えたら良かったけど、そこは自分の実力。結果は受け入れる」

 ――オプションで再戦の可能性もある。

 「正直、今は何も考えられない。そうなったら考える」

京口紘人 判定勝ちで2度目の防衛に成功

 「ボクシング・IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」(20日、大田区総合体育館)

 王者の京口紘人(24)=ワタナベ=が3-0の判定で挑戦者の同級10位ビンス・パラス(19)を下し、2度目の防衛に成功した。戦績は京口が10勝(7KO)、パラスが13勝(11KO)1敗。

 無敗対決を制した。序盤は得意の左ボディー中心に主導権を握りかけた京口だったが3回、右フックの打ち終わりに左フックを合わされ、尻餅をついてダウンを喫した。

 京口は5回に強烈な左フックで挑戦者の顔面をとらえるなど、中盤以降は有効打を積み上げ、ボディーで相手のスタミナを削った。10回には猛烈な連打を何度も相手の顔面に打ち込み、ダウン寸前まで追い込んだ。

 京口は「若い相手にボクシングを教えると言っていたが、初めてのダウンを教えてもらった」と苦笑い。タフな挑戦者を称え「素晴らしい選手でいい経験になった。田口さんのように統一チャンピオンになりたい」と抱負を語った。

 米空軍のフライトジャケット「MA-1」風のガウンをまとって登場。背面には出身の大商大ボクシング部のチームカラーでもあるオレンジを配し、「MAD BOY」とつづった。「ファッション業界では『超越している、突き抜けている』という意味で使われているそうで、カッコいいですね」と気に入っている。

 昨年7月の世界初挑戦でホセ・アルグメド(メキシコ)に判定勝ち。デビューから1年3カ月の世界王座奪取は、井上尚弥(大橋)の1年6カ月を上回る国内最速記録だった。昨年12月には初防衛戦でカルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)に8回TKO勝ちを収めた。

 体は成長を続けている。胸囲は初防衛戦より2センチアップ。普段の体重は55~7キロで1年前より1、2キロ増えた。減量に対する心身の負担は増しており、今回も計量前日で1・8キロオーバーだったが、「当たり前のこと」と制限体重まで落とし切った。ミニマム級での試合は「あと2、3回かな」と話しており、将来的な転級も視野に入れる

 

今日ティーバ?で観ます。会場行かれた方の話だとバタバタしたようですね。ラウンド終了後?にダウンに判定が変わったようですが、野球でいうリクエストという方もいましたが、ボクシングの場合もしダウンとしてくれてれば、コーナーで8カウントまで休めてその後の展開も違うでしょうし、じゃあ猛抗議受けて試合止めて、相撲や野球の様にジャッジ集めてダウンか否か協議するわけにもいかず。判定が覆ったからいいというものではないと思いますが、じゃ勝ってればよかったのか?わかりません。とにかくレフリーには適格正確に判断下して欲しいですね。後味悪いですから。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス