統一王者・田口、王者・京口 一発パス | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

統一王者・田口、計量パスも混乱 挑戦者と同国のジャッジに渡辺会長激怒「頭おかしい」

1枚拡大

 ボクシングのダブル世界タイトルマッチ(20日、東京・大田区総合体育館)の前日計量が行われ、WBA・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(リミット48・9キロ)は王者の田口良一(31)=ワタナベ、挑戦者ヘッキー・ブドラー(30)=南アフリカ=ともに1回目に48・9キロでパスした。

 IBF世界ミニマム級タイトルマッチ(リミット47・6キロ)は王者の京口紘人(24)=ワタナベ=、挑戦者ビンス・パラス(19)=フィリピン=ともに1回目に47・6キロでパスした。

 計量は無事に終わったが、ルールミーティングはジャッジの人選を巡って混乱した。WBA・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチで、挑戦者ブドラーと同じ南アフリカのジャッジが名を連ねていたことにワタナベジムや報道陣から各所から疑問視する声が起こり協議。日本ボクシングコミッション(JBC)はIBF本部と連絡を取り、南アフリカ人のジャッジをIBF世界ミニマム級タイトルマッチの米国人レフェリーに変える、日本人ジャッジを入れるなど、この日中に調整するとした。

 JBCの安河内剛本部事務局長は「同国人だからひいきするという前提で話はしていないが、アンフェアな印象を与えるかもれないので話をしている」と説明。WBAとIBFの統一戦は通常ならば両団体からジャッジのリストが送られて調整するが、今回はWBAからリストが届かず、2日前にようやくWBAがIBFに一任するとの連絡が来たことが原因だという。

 安河内事務局長は「IBFの感覚からすると普通のこと。日本人の試合で日本人のジャッジを指名して、相手国のジャッジがいないとことも何度かある」とルール上の問題はないことを強調。そこに、渡辺会長が割って入り、「公平にね。相手の国の人(ジャッジ)が来るのを認めること自体、コミッションがおかしいでしょ!頭おかしいんじゃないの?」などと声を荒らげて主張すると、安河内事務局長も「これを不公平だとは言えない」と反論するなど、しばし口論を繰り広げた。

 だが、この興行のプロモーターである渡辺会長は、「航空券などの手配時にジャッジの顔ぶれは分かっていたのでは」などと指摘されると、最後は「知らなかったのはこっちのミスだけど、できれば(調整を)最後までやってほしいね。ダメならしょうがないけど」と主張がトーンダウンした。

 

わらえる~。安河内さんのいうように、日本人出場の世界戦で日本人のジャッジってIBFかほかの団体かしらないけどここ最近ありましたよね。

 

 

王者・京口 一発パスで減量から解放「終わった〜」 乾ききった体に水分とおにぎり

調印式を終えた京口(左)とパラス
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦は20日、東京・大田区総合体育館で行われる。19日は調印式と前日計量が行われ、IBF世界ミニマム級タイトルマッチで2度目の防衛を目指す王者・京口紘人(24=ワタナベ)、挑戦者でIBF世界ライトフライ級10位ビンス・パラス(19=フィリピン)ともにリミットの47・6キロで一発クリアした。

 ようやく、長く辛い減量から解放された京口は「終わった〜」と息を吐き出し、乾ききった体に水分を流し込んだ。控え室に戻ると、おにぎりを2個たいらげ「これで1.8キロぐらいは戻ったかな」と笑顔。「あとは、いい感じで試合に持っていけたら結果はついてくる」と自信をのぞかせた。予定されていた当日計量はなくなったため、試合本番まで、ゆっくりリカバリーする。

 計量の先立ち行われた調印式後の会見では「KO率の高い同士、エキサイティングな迫力のある試合をしたい」とアピール。一方のパラスも「自分にとっては大きなチャンスだし、ワクワクしている。エキサイティングな試合になる」とコメントした。

 なお、使用グローブは日本製8オンスで京口がオレンジ、パラスが赤。レフェリーはベンジー・エスベタス氏(アメリカ)、ジャッジはマイク・フィッツジェラルド(同)、アルフレド・ポランコ(メキシコ)、ネヴィル・ホッツ(南アフリカ)の3氏が務める。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス