W世界戦4選手とも異常なし | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

王者・京口 KO宣言「厳しさを教えてあげよう」 身長、胸囲とも上回る

予備検診を終え、ビンス・パラス(右)とともにファイティングポーズをとるIBF世界ミニマム級王者・京口紘人
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(20日、大田区総合体育館)の予備検診が18日、都内で行われ、IBF世界ミニマム級タイトルマッチに臨む王者・京口紘人(24=ワタナベ)、挑戦者ビンス・パラス(19=フィリピン)は、ともに異常なしと診断された。

 2度目の防衛を目指す京口は「もう、こういう場所も3度目なので、落ち着いている自分がいる」と平常心をアピール。写真撮影では5歳下のパラスに視線を向ける方向を促すなど余裕の対応も見せ、「チャンピオンらしさを見せてKOで勝ちたい」と宣言した。

 身長は事前の情報ではパラスが2センチ高いはずだったが、測定では逆に京口が3センチ高い結果に。胸囲に関しては京口が初防衛戦から2センチアップの93センチで、パラスを11センチも上回った。

 「それほど自分では気にはしてないけど、数字的にも成長しているのかな」と京口。筋肉量が増えると減量がキツくなるため、ウエートトレーニングなどは自粛中だが、「日頃の練習の中でパワーアップしているのは実感している」と手応えを口にした。

 年下の選手との対戦は初めて。パラスは年齢よりも幼く見えるが、京口も童顔と言われることから「童顔対決ですね」と笑う。「油断とかじゃなく、厳しさを教えてあげよう、みたいな感覚」と話す。

 減量はリミットまで残り1.8キロと最終段階に突入。「あとは明日(19日)の計量をしっかりクリアして、いい状態で(リングに)上がるだけ」と表情を引き締めた。

 一方のパラスはすでに体重をリミットまで落としたことを明かし「体調はいい。京口はいい選手だと思う。頑張る」と話した。

統一王者・田口 初防衛に自信「いい状態」 ブドラーは王者を称えるポーズ

予備検診を終え、ヘッキー・ブドラー(左)の横でガッツポーズする統一世界ライトフライ級王者・田口
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(20日、東京・大田区総合体育館)の予備検診が18日、東京都文京区の後楽園飯店で行われた。WBA&IBF世界ライトフライ級タイトルマッチは統一王者・田口良一(31=ワタナベ)が身長1メートル67・5、リーチ1メートル70・0で、1メートル59・5、1メートル66・5の挑戦者ヘッキー・ブドラー(30=南アフリカ)を身長で8センチ、リーチで3・5センチ上回った。

 健診後の写真撮影でブドラーは王者を称えるポーズを取り、「グッドラック」と握手するなどフレンドリーに対応。WBA王座8度目、IBF王座は初防衛が懸かる田口は初対面したブドラーの印象について「ある程度想定内。身長も1メートル60ぐらいと思っていた」と語り、サイズ差に関しては「そこで勝負するわけではないので気にしていない」と話した。体重はリミットの48・9キロまで700グラムだそうで、この日もロープ跳びやバイク漕ぎで汗を流すという。「変わりなく落ち着いている。いい状態で上がれそう。試合を楽しみにしていてください」と意気込みを述べた。

 一方、元WBA世界ミニマム級スーパー王者のブドラーも「きょう試合をやってもいい。いつでもやれるコンディションを整えている」と好調を宣言。田口の印象はビデオ映像で見ていたのと変わらないそうで、「リーチや身長差は心配していない」と言い切った。

 

 

あとは計量だけだ。みんな無事パスしてくださいな。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス