亀田興毅、ポンサク戦前にヘルニア&左拳故障明かす | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

ボクシングの元世界3階級制覇王者の亀田興毅(31=協栄)が、元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(40=タイ)に2回12秒TKO勝ちした試合から一夜明けた6日、都内の協栄ジムで会見を開いた。

 亀田興は会見で、試合前の練習で腰がヘルニアになった上、左拳も痛めたため、予定していた練習が消化出来ないまま、試合に臨んでいたことを明かした。「試合前だから言っていなかったですけど、ヘルニアになって練習もプランより短くなった。そういうのを踏まえて考えると伸びしろはある」と語った。

 また、ポンサクレック戦を引退試合として開催しながら、引退式の10カウントゴングを途中でやめ、元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)と対戦出来るなら、もう1試合したいとぶち上げた件についても、改めて言及。「1回、引退するって言うたのに、ああいう風な形になって、あの場を作っていただいた方、コミッションの方々にも大変、申し訳ないことをしたなと思うので、そこは謝っておきたい。すごい迷惑をかけてしまったので」と、日本ボクシングコミッション(JBC)をはじめとした関係各位に謝罪した。

 その上で「自分にウソをつきたくなかった。どこかに、そういう気持ちが少しでも残っているなら、後悔するのは嫌やし、それやったら最後までやり切ってしまおうかなと。ただ、その選手以外とやるしかないし、実現できないなら静かに速やかに引退する…それだけ」と、あくまでもゴンサレスとの対戦を熱望。「偉そうなことを言うたけど、勝てる自信がない。正直、無理ですよ。かませ犬としてでも選んでもらえたら…1%でも」と可能性を探る考えを示した。

 協栄ジムの金平桂一郎会長(52)は、14年に当時のWBA、WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を招聘(しょうへい)し、天笠尚との世界戦をマッチメークした実績を強調。「興毅は世界ランクにも何も入っていない。それに相手があることも当然、分かった上で…ボクシングの興行は決めつけてやったら、ビッグマッチやスーパーカードは出来ないもの。お客が求めるから基本的にはやるんであって…興毅とロマゴンは皆さん、見たいと思う」と語り、週明けから交渉に向けて動きだす考えを示唆した。【村上幸将】

 

選手も選手なら会長も会長ですね。本当のファンはそんなもん金払ってみたいとは思ってませんよ。もう協栄は韓国ショップジム内で始めた時点でボクシングジムではないですからボクシングジムの看板おろして亀田プロと共同経営でKKプロモーションにして金平さんは社員として働けばいいのではないでしょうか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス