ホルヘ・リナレス、V4戦へ渡米 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

ホルヘ・リナレス、V4戦へ渡米後も和食で調整「体重コントロールしやすい」

2018年3月29日7時30分  スポーツ報知

  • 羽田空港から米国に出発したホルヘ・リナレス
 

 プロボクシング世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(32)=帝拳、ベネズエラ=が28日、世界最速7戦目で2階級制覇したワシル・ロマチェンコ(30)=ウクライナ=の挑戦を受けるWBA世界ライト級王座のV4戦(5月12日、米ニューヨーク)に向け、羽田空港から米国に出発した。

 前夜は所属ジムの本田明彦会長(70)と天ぷらなどを満喫した。試合までの1か月半の間も自宅のある米ラスベガスを拠点に、和食で調整する計画。「日本食の方が体重コントロールしやすい。米国(の食事)はカロリーが高いからね。(現地は)食材もそろう」。試合前3週間は下の階級の選手とスパーリングをし、五輪で2連覇したロマチェンコのスピード対策を重ねていく計画だ。

 勝利の鍵は「スタミナ」と断言し、この日も10キロを走破してきた。17歳から過ごす帝拳ジムでは、WBC世界バンタム級でV12を誇った山中慎介氏(35)が引退。これまで一緒に走り込み合宿をしてきたが、今回は1人だった。「寂しいね。彼はすごく頑張ってた。勉強になったよ。私も10回とか、13回とかまで頑張りたいね」と長期防衛の目標を掲げた。(浜田 洋平)

 

さて帝拳世界戦3連戦のトリを飾れるかって感じですが、いいな~ロマチェンコ戦親近感ありありのリナレス。勝って欲しいのはもちろんですが、世界年間最高試合になるくらいの試合して欲しいですね。ロマチェンコのギブアップが聞きたい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。