八重樫がTKO再起 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

八重樫がTKO再起だ!完勝するも苦笑「自分が情けなかった」

1枚拡大

 「ボクシング・10回戦」(26日、後楽園ホール)

 日本選手初の世界4階級制覇を目指す35歳の八重樫東(大橋)が、2階級上げてスーパーフライ級で臨んだ10カ月ぶりの再起戦を2回TKO勝利で飾った。1回は硬さが見られたが、2回に連打で2度のダウンを奪い、最後は左ボディーで3度目のダウンを奪って仕留めた。

 完勝にも「ダメでしょう。思いのほか動けなかった自分が情けなかった」と苦笑。ジムの大橋秀行会長は今後について、「(スーパーフライ級では)ちょっと小さいかな。(世界はまだ?)そうだね」と話した。

 

まあ当然ですが、フライ級の時みたいに再起戦即世界戦は無しで。まずSフライの身体作ってからでしょう。ランキング操作で井上返上後に決定戦とかも予想してましたが、それはないようなので安心しましたが、それにしても八重樫選手、イーグルに挑んで顎割られて惨敗した姿がらは認定団体が増えたとはいえここまで長く戦うとは思わなかったですね。でもね~激戦のダメージが心配です。御身体ご自愛くださいって感じにいつもなっちゃいます。そして清水選手は8Rまでかかったんですか?前回の韓国選手といい韓国苦手?って事はないですよね。今年世界やるんならそろそろ世界ランカーとやって欲しいですね。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス