山中竜也が8回終了TKOで初防衛 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

山中竜也が8回終了TKOで初防衛 「一番うれしい」母にリングから感謝

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(18日、神戸ポートピアホテル)

 ダブル世界戦のメインイベントでWBO世界ミニマム級タイトルマッチが行われ、王者の山中竜也(22)=真正=が8回終了TKOで、同級4位モイセス・カジェロス(28)=メキシコ=を退け、昨年8月に獲得した王座の初防衛に成功した。

 機動力で上回る山中は序盤から距離を確保してスピードあるボクシングを展開。5回にボディー連打を打ち込み、8回には左フックでダメージを与えた。8回終了後、ワンサイドの展開に、カジェロス陣営が棄権を申し出た。

 挑戦者のカジェロスは昨年2月に熊本・松島総合センターで福原辰弥(本田フィットネス)と空位の同級王座を争い、1-2の判定で敗れた。王座に就いた福原は8月に熊本・芦北町民総合センターで山中を挑戦者に迎えて初防衛戦に臨み、山中が3-0の判定完勝で王座を奪った。そして今回の初防衛戦にカジェロスを迎えていた。

 一方的な内容で初防衛に成功した山中は「いつもは勝ってもうれしいというのはあまりなく、ホッとするのですが、今日は一番うれしい。応援してくれる皆さん、会長やこの試合のために動いてくれた人のために何としても勝ちたかった」と笑顔で話した。6人兄妹の長男でもある山中は、女手ひとつで兄妹を育ててくれた母・理恵さんにリング上から「お母さんいつもありがとう。これからもよろしくです」と感謝を伝えた。

 山中の通算戦績は18戦16勝(5KO)2敗。カジェロスは37戦28勝(16KO)8敗1分け。

小西 3回に初ダウン奪われ0-3の判定負け…4回に形勢逆転も及ばず

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級王座決定戦」(18日、神戸ポートピアホテル)

 初の世界戦に挑んだWBA世界ライトフライ級2位の小西伶弥(24)=真正=は同級1位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に0-3の判定で敗れた。

 夢にはあと一歩及ばなかった。地元神戸の大声援を受けて、初めて世界の舞台に立った小西。序盤はカニサレスの速く巧みな攻めにてこずり、3回にはワンツーで自身初のダウンを喫した。

 だが、4回に右ボディーでぐらつかせると形勢逆転。逃げる相手にプレッシャーをかけ続けたが仕留めきれず、最少で1ポイント差、0-3の判定負け。観客から罵声も飛ぶ際どい勝負だった。

 小西は「完璧にボクの負け。思ったより相手がうまかった」とかぶとを脱いだが、「ダウンとか12ラウンドも初めて経験して、体力の使い方、ペース配分を学べた。もっと練習しないと。絶対はい上がります」と巻き返しを宣言。ジムの山下会長も「世界は乗り越えられない壁じゃない

ことがわかった。チャンスを作りますよ」と後押しを約束した。

 

昨夜は小西選手も山中チャンピオンも頑張った。とくにカジェロス相手のロマチェンコ勝は予想を覆してくれました。ジャブでカジェロスは止められないだろう、中に入られての判定か終盤のストップ負けを予想してましたが見事、逆にやりたい放題でしたね。おめでとうございます。

そして稼いで親に家建ててやりたいという昔ながらのハングリー精神もいい。今後注目。福原選手も言ってましたが、この半年で凄い成長振り。

小西選手なんでいきなりランク2位?と思いましたが、田口と引き分けたカニさん相手に大善戦。ダウンなければ勝ってたでしょ、ただキャリアの差かうまくラウンドまとめられて判定持ってかれた感じ。今度は他の団体でチャレンジして欲しいですね。なにしろ田口選手が上にいるんでやはり第2王者のイメージ払しょくして欲しいので。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス