小西伶弥、カニサレスと“超接近戦”で火花「必ずベルト取る」 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

小西伶弥、カニサレスと“超接近戦”で火花「必ずベルト取る」

<ボクシング WBA世界ライトフライ級王座決定戦>小西伶弥はカルロス・カニサレス(右)とにらみ合う
Photo By スポニチ

 18日に神戸ポートピアホテルであるダブル世界戦の予備検診が15日に神戸市内であり、WBA世界ライトフライ級王座決定戦の小西伶弥(24=真正)とカルロス・カニサレス(25=ベネズエラ)が早くも火花を散らした。

 写真撮影の際に互いに顔を近付けて“超接近戦”。調印式が翌日16日のため、まだ早いと周囲にうながされていったん離れたものの、カニサレス陣営が“フェイス・トゥー・フェイス!”とあおったために、再び至近距離で向き合った。

 WBO世界ミニマム級初防衛戦に臨む山中竜也(22=真正)と、挑戦者モイセス・カジェエロス(28=メキシコ)は、“アウトボクシング”のように距離を取って撮影に応じたのとは対照的だった。

 小西は「普段通り。特別なイメージはない。初の世界戦だけど、必ずベルトを取ります」と抱負。カニサレスは「よく練習をしているみたいだが、自分が勝ちたい」と自信を見せた。

 戦績は、同級1位のカニサレスが19勝16KO1分け。同級2位の小西が15勝5KO。

[ 2018年3月15日 16:18 ]

小西さん勝ったら即田口さんとやって欲しいですな。(無理だけど)一つの國に2人の世界チャンピオンがそれぞれ防衛戦って自体は嫌だ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス