カニサレス.カジェロス公開練習 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

小西と王座を争うカニサレス 公開練習で前代未聞の「公開計量」

 

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級王座決定戦」(18日、神戸ポートピアホテル)

 

 空位の正規王座を同級2位の小西伶弥(24)=真正=と争う同級1位のカルロス・カニサレス(25)=ベネズエラ=が14日、神戸市兵庫区の旧真正ジムで練習を公開した。

 2016年の大みそかに同級王者・田口良一に挑戦し、三者三様の引き分けで王座奪取がかなわなかったカニサレスは、「俺が勝っていたと思う。再戦すれば、勝つ自信がある」と判定に納得していない様子。昨年末に田口がIBF王座を統一して統一王者に格上げされたため、空位となった正規王座を小西と争う。「コニシよりタグチの方が強い。テクニックがタグチの方が上だ」と断言し、勝利に自信を見せた。

 現在の体重を問われると、リミットの「108ポンド(48・9キロ)」と答えた。これに対する報道陣の反応を見て、陣営は「信じていないだろう?それなら、目の前で見たらどうだ」と前代未聞の“公開計量”を提案。練習後に家庭用体重計に乗ると「49・0」を示した。

 近年、中南米の選手の体重超過が目立つが、計量3日前に、ほぼリミットとする順調な調整ぶりを証明。20戦19勝(16KO)1分けと無敗を誇るカニサレスは、どや顔でペットボトルの水を飲み干した。

挑戦者カジェロス、お騒がせ男ネリの友達だった 陣営「魚を食べている」

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(18日、神戸ポートピアホテル)

 王者の山中竜也(22)=真正=に挑戦する同級4位モイセス・カジェロス(28)=メキシコ=が14日、神戸市内で練習を公開し、「メキシコでハードな練習をしてきた。山中はいいボクサーだが、勝つために日本に来た」と意気込んだ。

 判定負けした昨年2月の福原辰弥(本田フィットネス)戦以来となる来日で、取材に応じたカジェロス。話題が1日に両国国技館で開催されたWBC世界バンタム級王座戦で体重超過を起こして王座を剥奪されたルイス・ネリ(メキシコ)のことになると、自らのスマートフォンを取り出して報道陣に見せた。そこにはネリとの記念写真があり、「アミーゴ(友人)」と説明した。2月にも母国のジムで3ラウンドのスパーリングを行ったという。

 ネリといえば、山中慎介(帝拳)戦の体重超過だけにとどまらず“トラブルメーカー”として名をはせている。今月9日には日本ボクシングコミッションが「階級制を前提としたプロ競技スポーツであるボクシングに対する社会的信用を著しく毀損」させたとして、日本からの“永久追放”を意味する活動停止処分を科したばかりだ。

 その友人ということで一抹の不安を覚えるところだが、カジェロスは「自分はネリじゃない」ときっぱり。現在の体重は明かさなかったが、計量も大丈夫だと宣言した。

 ネリは昨年、ドーピング騒動も起こしている。禁止薬物ジルパテロールの陽性反応を示したが、メキシコで食べた牛肉が原因だと主張し、意図的摂取の証拠がないとして王座剥奪を免れた。この点についても問われたカジェロス陣営は「彼(カジェロス)は魚を食べているよ」と笑いながら“潔白”を強調した。

 

カニサレス今49キロでも正式な計量で失敗したら意味ないが、観る感じ大丈夫そうですね。カジェロスは完全に山中選手なめてるのでそこがつけこみどころ?打ち合いに巻き込まれたら山中選手の勝ち目はないとみてますが、最後までカジェロスのプレッシャーかわしてポイントアウト出来るでしょうか?とりあえずネクストは再加入した。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス