王者ネリ 練習を公開 常にカメラ目線でPR  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

王者ネリ 練習を公開 常にカメラ目線でPR 初防衛に成功dw「もう1軒家を買いたい」

チャンピオンベルトを肩に掛け笑顔でポーズを決めるネリ
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(3月1日、東京・両国国技館)で同級1位の前王者・山中慎介(35=帝拳)の挑戦を受ける王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が22日、東京・神楽坂の帝拳ジムで練習を公開した。自身のロゴマーク入りの黒い上下のウエアでそろえたトレーナー、フィジカルコーチ、マネジャー、栄養士、父親ら陣営計10人でジムを訪問。会見時はロゴ、スポンサーのバナーやメキシコ国旗をリングのロープに掲げ、上半身裸になって写真撮影に応じ、さらに練習中も常にカメラ目線とPRに余念がなかった。

 体重はリミット(53・5キロ)まであと4キロとあり、腹周りはまだ絞れるような状態。胸の部分には4回TKO勝ちした昨年8月の山中との初戦時にはなかった鷲のタトゥーが入っていた。シャドーで体を温めたあとの練習では、ミット打ちで山中を苦しめた回転の速い連打を披露。サンドバッグとパンチングボールを叩き、さらにロープ跳びと1時間あまり体を動かした。練習をじっくり観察していた田中繊大トレーナーは「非常に調子が良さそうで、強そう。昨日も裸で練習していたし、減量はそれほどきつくないのでは」と感想を口にした。

 世界王者となったネリは地元のメキシコ・ティファナに2階建ての家と米国産のSUV、シボレー・タホを購入。山中に勝って初防衛に成功すれば「もう1軒家を買いたい」と話した。昨年12月には第1子となる長女アリソン・サマラちゃんが誕生。「このベルトは彼女のもの。だからメキシコに持って帰らないといけない。いいモチベーションになっている」と上機嫌だった。試合については「山中は左のパンチが強いので注意して戦いたい。前の試合ではプレッシャーをかけた時に突っ立ってしまい、何をしていいか分からないようだったので、その弱点を突いて勝ちたい。どちらもハードパンチャーだからKO決着になる」と予想。メキシコの牛肉が原因というドーピング疑惑以降は「米サンディエゴで食材を買っている。日本の食料は安全だから大丈夫」と説明し、今後の構想を問われると「違う階級で戦うか、井上尚弥やカルロス・クアドラスとの対戦も考えている」と答えた。

[ 2018年2月22日 15:26

車は詳しくないシボレーというから車だろうという事しかわからない。

シボレーもコルベットスティングレーしか知らん。

メキシコの土地の値段や家が幾らで建てられるのかは知らんが一体前回いくらもらったんじゃ。メキシコ地震の影響はなかったのかいな?

以前番組でモンティエルの家みたがネリとは稼いだ額が違うでしょ。

まあ何にせよ2件目の家は建てても、ベルトは飾らせないように取返しましょう~。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス