王者ローマンが来日 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

王者ローマンが来日 約2週間前の現地入りは「時差調整と気候に慣れるため」

来日したローマン
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(28日、後楽園ホール)で同級11位・松本亮(24=大橋)の挑戦を受ける王者ダニエル・ローマン(27=米国)が15日、羽田空港着の航空機で来日した。来日は昨年9月に前王者・久保隼(真正)から王座を奪って以来5カ月ぶり。約2週間も前に現地入りしたことについては「時差調整と気候に慣れるため」と説明したが、「日本はもっと寒いと思っていたので、この暖かさには驚いた」と話した。

 世界初挑戦者の松本に関しては「背が高く、リーチがあり、パワーもある。前回の自分もそうだったので、精神的にハングリーなのでは」とコメント。「これまでも背の高い選手と戦ってきているので苦にはならない。向こうもこっちも持っているのは2つの拳だ」と表現し、「日本人選手はハートが強いのでタフな試合になるだろう。敵地なので、できれば倒して勝ちたい」と抱負を述べた。

 既に米ロサンゼルスで練習は積んでおり、日本での練習は調整程度になるという。「体重は問題ない。日本は美しい国で人々もリスペクトしてくれる。好きな国で、ホームのように感じる」と好印象を口にした。

 

山中慎介、先にリングへ入場歓迎「1ラウンド目に向けて本当に大事」

2018年2月16日7時0分  スポーツ報知

  • サンドバッグを打つ山中慎介(中)
 

 ◆報知新聞社後援 プロボクシングダブル世界戦 ▽WBC世界バンタム級タイトルマッチ 王者・ルイス・ネリ―同級1位・山中慎介 ▽IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 王者・岩佐亮祐―同級13位・エルネスト・サウロン(3月1日、東京・両国国技館)

 プロボクシング前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35)=帝拳=が15日、先にリングへ入場することを歓迎した。昨年8月に敗れた同級王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=との世界戦(3月1日、東京・後楽園ホール、報知新聞社後援)まで2週間。挑戦者として青コーナーから入場するのは2011年11月の王座獲得時以来だが「王者は入ってすぐに照明が当たるけど、挑戦者は準備する時間がある。1ラウンド目に向けて本当に大事」と分析した。

 再起戦に向けて入場曲などの変更はしない予定。過去の世界戦は2週間前の練習内容で悩んだこともあったが、今回は「やることがはっきりしている」と5回のスパーで汗を流した。

 
ローマンもう来ましたか。想像していた以上に暖かい、たまたまあったかい日に来たんでしょうか?十分寒い。後楽園ホールでの世界戦というとデンカオvs河野以来でしょうか?28年も経ちますか大橋会長がタイトル獲って。松本選手頑張ってください。
ネリは牛喰って来日は来週ですかね?
 

  •  

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス