比嘉大吾、計量クリア  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

比嘉大吾、計量クリア “因縁の”アイスとスッポンスープに舌鼓

 「デイリー後援・ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(4日、沖縄県立武道館)

 前日計量が3日、那覇市内で行われ、2度目の防衛を狙う王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=はリミットいっぱいの50・8キロ、挑戦者の同級9位モイセス・フエンテス(30)=メキシコ=は50・6キロで、ともに1回目でクリアした。

 元WBA世界ライトフライ級王者で比嘉の所属ジムの具志堅用高会長は、計量を終えたフエンテスにメキシコ料理のタコスをプレゼント。「食べてよ」という具志堅会長の“先制パンチ”にフエンテスは困惑しながらも「ありがとう」と言って受け取った。

 そして、比嘉はスッポンのスープを飲み、具志堅会長から渡されたアイスクリームをペロリ。スッポンスープは、具志堅会長が37年前に沖縄で14度目の防衛戦を行って敗れたときに飲んだものと同じ人が作ったもの。

 アイスクリームは、具志堅会長が37年前に計量後にいつも食べていたアイスクリームを食べられなかったことを敗因に挙げている、因縁の食べ物だ。この日の夕食には、具志堅会長が「最高」というステーキを食べるという。

 自身のリベンジでもある一戦に臨む比嘉に、最高のものを用意した具志堅会長は「世界チャンピオンですから、勝たなくちゃいけない。勝つためにはいいものを入れさせたいですね」と説明した。

 比嘉自身は毎回苦しむ減量を乗り越え、「ホッとしている部分はあるんですけど、ここまでが長くて、明日の試合まではすぐ。それに備えて、明日は100%のコンディションでKOで勝つだけです」と、日本記録に並ぶ15連続KOに闘志メラメラ。

 アイスクリームの味を聞かれると「最高ですね。会長が食べられなくて負けたのも分かります。敵討ちなのでしっかり食べきりました」と笑顔で応えた。

 

フェンテスはフェルナンデスと違ってちゃんと体重落として来ましたね。

よっくら心配してましたが、一安心。明日は比嘉と打ち合うそうですから言葉どおりなら面白い試合になりそうですが。比嘉が変に力まなければKOで比嘉空振り繰り返して捕まえきれない様ならフェンテス?でもあのプレッシャーに12R耐えるのはきついでしょうね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。