比嘉の挑戦者フエンテスが練習公開 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

比嘉の挑戦者フエンテスが練習公開 具志堅会長警戒「相当練習している」

 

 ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(2月4日、沖縄県立武道館)で王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)に挑戦する同級9位のモイセス・フエンテス(30=メキシコ)が29日、東京・神楽坂の帝拳ジムで練習を公開した。ジャニーネ夫人(24)と2人のトレーナーを帯同してジムに現れたが、シャドーボクシング、ミット打ち、パンチングボール打ちをそれぞれ2分間ずつと、見せるための練習に終始した。

 WBOのミニマム級とライトフライ級(暫定)を制したフエンテスは、16年大みそかに田中恒成(畑中)に5回TKO負けして以来の来日。当時は減量苦と日本の寒さでコンディションをつくれず、今回もメキシコ→東京→沖縄と移動しながらの調整になるが「厳しく、タフな練習をしてきた。前回と状況も違う。今回は大きな責任を背負ってきた」と3階級制覇に意欲十分。14戦全勝全KO勝ちの比嘉について「力強く、ハングリーで若い。偉大なチャンピオンだ」と評価した上で「今のフライ級がベストウエートと思っている。自分が勝っているのは経験。パンチの応酬が自分のスタイルだし、パンチの多い、いい試合をしたい」と意気込んだ。

 比嘉を指導する具志堅用高会長と野木丈司トレーナーも練習を視察。具志堅会長は2人いるトレーナーに「どちらがチーフトレーナー?」と確認し、「ウエートは何キロオーバー?」と質問。2キロと聞いて「OK」と納得したが、記者に囲まれると「ウエートはまだあるんじゃないか。3キロはあると思う」と見解を述べた。軽めの練習だったことについては「これでは体重は落ちない。あとでやるんでしょう。仕上げてきているから体重調整だけと思う」と話し、「思ったより背が大きいな。相当練習して体は締まっている。パンチもありそう」と印象を口にした。注意するパンチには「右ストレートからの返しの左フック」を挙げ、「打ち合ったら面白いと思う。顔もしっかりしているし、気持ちも強い選手では」と警戒の表情を浮かべた。

前回は大晦日の岐阜で寒すぎて本来の動きが出来なかった、みたいな話を聞きましたが今回は東京寒いですけど沖縄は東京ほどではないでしょうから前回よりはコンディションつくりやすいんではないでしょうか?まあ身体温まる前に比嘉さんにやられちゃうかもしれませんが。

ところで2.4日のフジテレビは1時間枠なんですね。ってことは中継開始はリングのコールから?まさかつけたら富樫が唸ってねえだろうな。

ホントにあいつは耳障りだわ。入場曲に乗って入ってくるところみたいがカットかな。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス