結果リナレスvsヘスタWBA世界ライト級タイトルマッチ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

3階級王者リナレス 大差判定勝ち!ビッグファイトの準備OK

WBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦   ○王者ホルヘ・リナレス 判定3―0 同級15位メルシト・ヘスタ● ( 2018年1月27日    米ロサンゼルス )

右ストレートをへスタに伸ばすリナレス(左)
Photo By スポニチ

 3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が大差の3―0判定勝ちを収めた。踏み込んで強烈なフックを振るう挑戦者を、抜群のスピードとパンチの精度で圧倒。4回に拳を痛めたものの回転の速いコンビネーションで場内を沸かせ、採点は8点差2人、6点差1人の快勝だった。

 「この試合を日本、ロサンゼルス、(居住する)ラスベガス、特に母国ベネズエラにささげる」と語ったリナレスは「ビッグファイトの準備はできた。実現しよう」と呼びかけた。WBCはライト級ダイヤモンド王者のリナレスに正規王者ガルシア(米国)との対戦交渉を指示。WBOスーパーフェザー級王者ロマチェンコ(ウクライナ)が階級を上げて挑戦してくる構想もあり、リナレスは「彼らは僕の名前を出しているが、僕も次は彼らとやりたい」と話した。

 

自分の採点は116×112でした。リナレス後半は言ってもハンドスピード凄かったですね。さて次はガルシアかロマチェンコか?元トレーナーのローチは「今日の出来ならガルシアにもロマチェンコにも勝てるだろう、

テクニックもありフットワークも良く、コンビネーションも良い彼はグッドボクサー。」とコメントしてますね。次の試合が楽しみです。日本で試合観れるのも厳しくなりそうですね。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。