山中“神の左”復活だ! 因縁ネリと再戦へスパー開始 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

山中“神の左”復活だ! 因縁ネリと再戦へスパー開始「問題なくやれた」

1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(3月1日、両国国技館)

 前WBC世界バンタム級王者で同級1位の山中慎介(35)=帝拳=が23日、都内の所属ジムで同級王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=との再戦へ向けたスパーリングを開始した。王座を奪われた前回の対戦で、下半身が浮いた状態となってネリの回転のいい連打を浴びたことを反省。下半身を浮かせないことを意識して取り組んだ。

 どっしり構えて頂点に返り咲く。この日、山中はフィリピンの世界ランカー、東洋太平洋ランカーと2回ずつ合計4回、拳を交えた。昨年8月にネリに敗れてから初めてのスパーリングとあって、本来の動きとまではいかなかったものの、終盤にはショートの左をヒットさせるなどらしさを見せ、「初日としては問題なくやれた」と振り返った。

 前回のネリ戦は下半身が浮いた状態となって足が使えず、次々と繰り出されるネリの連打を浴びてセコンドがタオルを投入。それを反省し、「課題でもあった体が浮かない状態(を保つ)。浮いた状態はなるべく減らすこと」を意識した。

 その意味を「下半身が死んだ状態でずっといると、ネリは回転が効くし、どんどんガードだけでは対応しきれない状態になる。足がきいていたら、その場でも力強い左のパンチを打てるし、そういう状態を常に作っておかないといけない」と説明。それを意識したことで最初のころはスタンスが広くなってしまったといい、「力強いパンチは打てるが、その後に足がスムーズに動いてこない。スタンスも戻して、なおかつ浮かないように。難しいですけど」と微調整も施している。

 もう一つ意識したのはショートのパンチ。ネリが山中戦後の11月に行ったノンタイトル戦の映像を見たとのことで、「回転は効きますけど、パンチとパンチの間にスキがある。そこでショートを合わされて倒れたんで、参考にしています」という。腰の据わった“神の左”で再び世界をつかむ。

京口紘人 山中竜との統一戦が浮上 渡辺会長「ぜひ今年中に」

WBA・IBF統一世界ライトフライ級王者・田口良一(31)とIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24)が23日、都内の同ジムで練習を再開した。

 京口に年内の2団体王座統一戦が浮上した。渡辺会長は「日本にもチャンピオンがいるので、ぜひ今年中に」と、WBO世界ミニマム級王者・山中竜也(22)=真正=を候補とする統一戦計画を明言した。次戦は田口とともに5月ごろを予定。「強いチャンピオンになることで価値を高めていきたい」。統一戦は、それを実現するうってつけの舞台になるのは間違いない。

 

 

山中選手一部では薬物ネリとの試合は観戦しない、WBCのドーピング

お墨付きなどといった声もありますが、私も納得しない部分はたたありますが、でも今回はおそらく山中選手の最後の試合になるでしょうから

観に行きます。出来ればリベンジして欲しい。

そして京口選手山中選手が勝ったらの話ですが、交渉の厳しさもありますが、タイ陣営と統一戦交渉して欲しいな。

できたらトーナメント4団体統一(笑)なら面白いでしょ。まずは山中選手の3月の結果次第。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス