山中竜也が神戸で3・18初防衛戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

山中竜也 震災年に生まれた王者が神戸で3・18初防衛戦

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(3月18日、神戸ポートピアホテル)

 王者の山中竜也(22)=真正=が17日、神戸市兵庫区の真正ジム事務所で会見し、3月18日に神戸ポートピアホテル・大輪田の間で、同級4位のモイセス・カジェロス(28)=メキシコ=と初防衛戦を行うことを発表した。

 阪神・淡路大震災から23年目となるこの日、震災の年の4月に生まれた山中が神戸で初防衛戦を行う。「神戸で試合を行うことができることをうれしく思う。気合が入る。少しでも勇気や感動というものを与える試合ができたら。気持ちは挑戦者で、ボクシングはチャンピオンの戦いを見せたい」と意気込みを語った。

 挑戦者のカジェロスは昨年2月に熊本・松島総合センターで福原辰弥(本田フィットネス)と空位の同級王座を争い、1-2の判定で敗れた。王座に就いた福原は8月に熊本・芦北町民総合センターで山中を挑戦者に迎えて初防衛戦に臨み、山中が3-0の判定完勝で王座を奪った。そして初防衛戦にカジェロスを迎える。「タフでパンチがあり、振ってくる選手」と王者は印象を語った。

 山中は大阪・堺市の出身で6人兄弟の長男。漫画「はじめの一歩」に影響され、小学6年でボクシングを始めた。元世界3階級王者の長谷川穂積氏にあこがれて中学2年で真正ジムに入門。プロ17戦目に世界初挑戦でベルトをつかんだ。

 通算戦績は山中が17戦15勝(4KO)2敗。カジェロスは36戦28勝(KO)7敗1分け。

 試合チケットはこの日から真正ジム(電話078-335-5147)で事前受け付けを開始した。

 

 

 

1995年の今日でしたからもう23年ですか。あの日はテレビ付けたら道路がねじ曲がっていたり黒煙が上がっていたり街が破壊され、一瞬戦争が始まったのかと思いましたね。何年か忘れたが、長谷川vsジョニゴンを神戸に観戦に行った帰りのタクシーの運転手さんが、当時の被害や町の状況を話してくれたのが印象に残ってますが何故か最後は阪神の話題で・・・亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

さて初防衛を迎える山中選手、相手はカジェロス。熊本でみましたが

馬力があって手数、スタミナもありますね。福原選手は正面から打ち合いましたが、山中選手は打ち合ったらやばいでしょうね。戦法としては福原戦のような戦い方が理想でしょうがカジェロスのプレッシャーに最後まで耐えきれるか?まず山中選手のKOという展開は予想し難い。

どうなりますか?会場はテテと帝里戦が行われた所ですかね?

あとはテレビは久保選手の様にBSフジか?SKY-Aか?ノンテレビもありえますかね?あと2ヶ月頑張れ山中選手。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。